複数辞典一括検索+

薊の花も一盛り(あざみのはなもひとさかり)🔗🔉

薊の花も一盛り(あざみのはなもひとさかり) 不器量な女性でも、年ごろになると、それなりの魅力が出てくるということ。 [注釈]あまり好まれないという薊の花も、それなりに美しい時期があるという意から。 [類句]鬼も十八番茶も出花

朝飯前のお茶漬け(あさめしまえのおちゃづけ)🔗🔉

朝飯前のお茶漬け(あさめしまえのおちゃづけ) 容易にできることのたとえ。 [注釈]朝飯の前の空腹時のお茶漬けはさらさらと簡単に食べられることから。 [類句]朝駆けの駄賃 [用例]こんな試験問題なんか、朝飯前のお茶漬けさ。

朝焼けは雨、夕焼けは日和(あさやけはあめ、ゆうやけはひより)🔗🔉

朝焼けは雨、夕焼けは日和(あさやけはあめ、ゆうやけはひより) 朝焼けはその日に雨が降る前兆で、夕焼けは翌日晴れになる前兆であるということ。 [注釈]「朝RUB:E紅RUB:Sべには雨、夕紅は日和」「夕焼けは晴れ、朝焼けは雨」ともいう。 [類句]朝焼けはその日の洪水/夕焼けに鎌を研げ

朝油断の夕かがみ(あさゆだんのゆうかがみ)🔗🔉

朝油断の夕かがみ(あさゆだんのゆうかがみ) 朝、気を緩めて仕事をおろそかにする者は、夕方になって困り果てるということ。すべては初めが肝心であるという教え。 [注釈]「かがみ」はRUB:E屈RUB:Sかがむ。

足が地に付かない(あしがちにつかない)🔗🔉

足が地に付かない(あしがちにつかない) 興奮して落ち着きがなかったり、危なっかしくて着実でないようす。 [用例]初めての全国大会で、足が地に付かない選手たち。

海驢の番(あしかのばん)🔗🔉

海驢の番(あしかのばん) 不寝番を置いて交替で眠ること。 [注釈]「あしか」は陸に上がって眠るが、用心深い動物で一頭は必ず見張り役で起きていることから。「海驢番」ともいう。

足が棒になる(あしがぼうになる)🔗🔉

足が棒になる(あしがぼうになる) 足が棒のように固く突っ張るほど、ひどく疲れるようす。 [用例]夜は遅く寝るし、朝は早く起こされるし、一日働いてさ……。夜になると、足が棒のようになってしまいますよ。〔田山花袋『一兵卒の銃殺』〕

学研故事ことわざ辞典 ページ 21