複数辞典一括検索+

牛に引かれて善光寺参り(うしにひかれてぜんこうじまいり)🔗🔉

牛に引かれて善光寺参り(うしにひかれてぜんこうじまいり) たまたま他人に連れられて、ある場所へ出かけて行くこと。また、自分の意志からではなく他人の誘いで、思いがけないよい結果を得たり、よい方面へ導かれたりすることのたとえ。 [注釈]昔、RUB:E信濃RUB:Sしなの(長野県)の善光寺近くに住みながら、信仰心など持ち合わせていなかった老婆が、ある日さらしておいた布を隣の家の牛がRUB:E角RUB:Sつのにひっかけて走り出したのを見て、それを追っていくうちに、いつの間にか善光寺に駆けこみ、それが縁で深く信心するようになったという説話から。 [用例]六十のお婆さんまでが牛にRUB:E牽RUB:Sひかれて善光寺詣りで娘と一緒にダンスの稽古に出掛け、おさんどんまでがRUB:E夜業RUB:SよなべのRUB:E雑巾刺RUB:Sぞうきんさしを止めにして坊ちゃんやお嬢さんを先生に「イット、イズ、エ、ドッグ」を始めた。〔内田魯庵『思い出す人々』〕

牛の歩み(うしのあゆみ)🔗🔉

牛の歩み(うしのあゆみ) のっそりと歩く牛の歩き方のように、ものごとの進み方が遅いことのたとえ。 [注釈]「RUB:E牛歩RUB:Sぎゅうほ」ともいう。 [用例]牛の歩みの工事で、いっこうにはかどらない。

牛の小便と親の意見は長くても効かぬ(うしのしょうべんとおやのいけんはながくてもきかぬ)🔗🔉

牛の小便と親の意見は長くても効かぬ(うしのしょうべんとおやのいけんはながくてもきかぬ) 牛の小便は時間が長くかかるが肥料として効き目がなく、親の説教も長いからといって効果があるわけではないということ。

牛の角を蜂が刺す(うしのつのをはちがさす)🔗🔉

牛の角を蜂が刺す(うしのつのをはちがさす) なんとも感じないたとえ。 [注釈]牛の角を蜂が刺しても、痛くもかゆくもないことから。「RUB:E鹿RUB:Sしかの角を蜂が刺す」ともいう。 [類句]石地蔵に蜂

学研故事ことわざ辞典 ページ 108