複数辞典一括検索+

牛売って牛にならず(うしうってうしにならず)🔗🔉

牛売って牛にならず(うしうってうしにならず) 買い換えは他人のRUB:E儲RUB:Sもうけになるだけで、損をするということ。 [注釈]牛を売って別の牛を買おうとしても、売り値の金額では買えないの意から。

牛追い牛に追われる(うしおいうしにおわれる)🔗🔉

牛追い牛に追われる(うしおいうしにおわれる) 立場が逆転することや、ものごとがあべこべになることのたとえ。主客転倒をいう。 [注釈]牛を追うはずの牛追いが牛に追われる身になるの意から。

右次左次物言わず(うじさじものいわず)🔗🔉

右次左次物言わず(うじさじものいわず) あれこれと文句を言わない。無言で押し通すことをいう。 [注釈]この語の由来については、室町時代の地誌『蜂相記』に、次のような故事が記されている。RUB:E欽明RUB:Sきんめい天皇の時代に、RUB:E百済RUB:Sくだらから二人の僧が戒をたずさえて渡来した。排仏論者のRUB:E物部尾輿RUB:Sもののべのおこしはこの二人を流罪にした後にRUB:E還俗RUB:Sげんぞくさせ、右次郎、左次郎と名づけて牢獄に入れたが、両名とも厳しい扱いに耐えて、それならばなにも言うまいと、沈黙を守ったという。

氏無くして玉の輿(うじなくしてたまのこし)🔗🔉

氏無くして玉の輿(うじなくしてたまのこし) 女性は家柄のよい家に生まれなくても、器量がよければ貴人に愛されて妻となり、高い身分になれるということ。 [注釈]「氏」は格式の高い家柄、「玉の輿」は貴人の乗るきらびやかな輿。「女は氏無くして玉の輿に乗る」ともいう。

牛に対して琴を弾ず(うしにたいしてことをだんず)🔗🔉

牛に対して琴を弾ず(うしにたいしてことをだんず) 愚か者にいくらりっぱな理論を説いてみてもむだだというたとえ。 [出典]『RUB:E祖庭事苑RUB:Sそていじえん』 [類句]馬の耳に念仏犬に論語

学研故事ことわざ辞典 ページ 107