複数辞典一括検索+

いし【石】🔗🔉

いし【石】 岩より小さく砂より大きな岩石。 《参考》岩は動かないものとしてあるのに対し、石はごろごろころがっている感じをもつ。《類義語》石子。石ころ。石塊(イシクレ)礫(ツフ゛テ)。→せき(石)・がん(岩)。 岩石・鉱物の総称。「石の家」 宝石。「指輪の石が少し小さい」 〔碁石(コ゛イシ)・ライターの発火用合金・すずり・墓石など〕ある種の鉱物加工品。 じゃんけんの一つ。にぎりこぶしで示す。ぐう。《対語》はさみかみ。 固いこと、重いこと、冷たいこと、がんこなことなどのたとえ。「石頭」用例(尾崎士郎・堀辰雄) 三つ寄せ石 《シソーラス》

いしがながれてこのはがしずむ【石が流れて木の葉が沈む】🔗🔉

いしがながれてこのはがしずむ【石が流れて木の葉が沈む】 《慣用句・ことわざなど》物事がすべて道理にはずれてさかさまになっていることのたとえ。

いしにかじりついても【石に〓齧り付いても】🔗🔉

いしにかじりついても【石に〓齧り付いても】 《慣用句・ことわざなど》どんなに苦しくてもがまんして。何がなんでも。用例(石川達三)

いしにきゅう【石に〓灸】🔗🔉

いしにきゅう【石に〓灸】 《慣用句・ことわざなど》石に灸をすえるように、ききめのないことのたとえ。また、苦痛に感じないことのたとえ。石に針。

いしにくちすすぎながれにまくらす【石に〓漱ぎ流れに〓枕す】🔗🔉

いしにくちすすぎながれにまくらす【石に〓漱ぎ流れに〓枕す】 《慣用句・ことわざなど》負けおしみが強いことのたとえ。〔理屈をつけて言いのがれるときにもいう〕《語源》晋(シン)の孫楚(ソンソ)が、「石に枕し流れに漱ぐ」というべきを言い誤まり、「石に漱ぐ」とは歯をみがくため、「流れに枕す」とは耳をあらうためだとこじつけたという故事から。⇔〈晋書・孫楚〉

いしにたつや【石に立つ矢】🔗🔉

いしにたつや【石に立つ矢】 《慣用句・ことわざなど》何事も一心にやれば、できないことはないというたとえ。《語源》漢の時代に、李広という将軍がある夜大きな石を虎と見間違えて矢を射たところ、その矢は矢羽根まで石にささって石を割ったという故事から。⇔〈史記・李将軍伝〉

いしになぞかける【石に〓謎掛ける】🔗🔉

いしになぞかける【石に〓謎掛ける】 《慣用句・ことわざなど》いくら働きかけても手応えのないことのたとえ。

いしにはり【石に針】🔗🔉

いしにはり【石に針】 《慣用句・ことわざなど》石に灸(キュウ)。

いしにふとんはきせられず【石に布団は着せられず】🔗🔉

いしにふとんはきせられず【石に布団は着せられず】 《慣用句・ことわざなど》死んで墓石になってからでは、ふとんを着せていたわることはできない。親が死んでしまってからでは孝行はできないということのたとえ。

いしにまくらしながれにくちすすぐ【石に〓枕し流れに〓漱ぐ】🔗🔉

いしにまくらしながれにくちすすぐ【石に〓枕し流れに〓漱ぐ】 《慣用句・ことわざなど》浮世をはなれて山林にかくれ住み、自由な生活をおくるたとえ。 《参考》→石に漱ぎ流れに枕す

いしのうえにもさんねん【石の上にも三年】🔗🔉

いしのうえにもさんねん【石の上にも三年】 《慣用句・ことわざなど》〔「冷たい石でも三年間その上にすわれば暖かくなる」の意で〕しんぼう強くがまんしてやれば、最後にはきっと成功するというたとえ。

いしもておわるるごとし【石〓以て追わるる〓如し】🔗🔉

いしもておわるるごとし【石〓以て追わるる〓如し】 《慣用句・ことわざなど》罪がないのに大勢の非難を浴びて退くことの形容。「石以て追わるる如くすみなれた故郷を出た」

いしをいだきてふちにいる【石を抱きて〓淵に入る】🔗🔉

いしをいだきてふちにいる【石を抱きて〓淵に入る】 《慣用句・ことわざなど》自分から進んで災いを招くことのたとえ。⇔〈韓詩外伝〉

いしうす【石〓臼】🔗🔉

いしうす【石〓臼】 石で作ったうす。 大きい物・重い物のたとえ。

いしがけ【石〓崖】🔗🔉

いしがけ【石〓崖】 土砂くずれを防ぐために山や堤の表面に石を積みかためたもの。

いしがめ【石〓亀】🔗🔉

いしがめ【石〓亀】 〔動物・動物学〕いしがめ科の、かめ。もっともふつうに見られる。日本特産。淡水にすむ。体長一五前後。愛がん用。 《参考》卵からかえったばかりの小さいものを「ぜにがめ」という。 《シソーラス》

いしくれ【石〓塊】🔗🔉

いしくれ【石〓塊】 石ころ。石のかけら。「石塊同然の役立たず」用例(芥川竜之介) 《参考》「くれ」は、「かたまり」の意。《類義語》土くれ。 《シソーラス》

いしけり【石〓蹴り】🔗🔉

いしけり【石〓蹴り】 地面に円や四角をかいて、その中へ一つの小石を片足でけって順に送りこむ子供の遊び。

いしけん【石〓拳】🔗🔉

いしけん【石〓拳】 じゃんけん。 《シソーラス》

いしころ【石〓塊】🔗🔉

いしころ【石〓塊】 小石。石くれ。用例(二葉亭四迷) 《シソーラス》

いしごろも【石衣】🔗🔉

いしごろも【石衣】 あんに水あめを加えてねり固め、砂糖みつの衣でつつんだ干菓子。

いしずり【石〓摺(り)・石刷(り)】🔗🔉

いしずり【石〓摺(り)・石刷(り)】 石碑の文字などを油墨(アフ゛ラス゛ミ)で紙にすりうつすこと。また、そのすりうつしたもの。拓本(タクホン)。用例(芥川竜之介) 石摺「」のように、地を黒く、文字や絵の部分を白く浮き出すように刷った書画。 《シソーラス》

いしだい【石〓鯛】〔歴史的かな遣い〕いしだひ🔗🔉

いしだい【石〓鯛】〔歴史的かな遣い〕いしだひ 〔動物・動物学〕いしだい科の海魚。青灰色で、体長約四〇。磯にすみ、幼魚では七本の黒いたてじまがはっきりしている。歯が強く、ふじつぼ・うになどを砕いて食べる。食用。しまだい。

いしたたき【石〓叩(き)・石〓敲(き)】🔗🔉

いしたたき【石〓叩(き)・石〓敲(き)】 槌(ツチ)で鉱石をうちくだくこと。また、その槌。また、それを職業とする人。 「せきれい」の別名。 《シソーラス》

いしつぶて【石〓礫】🔗🔉

いしつぶて【石〓礫】 投げた小石。つぶて。用例(田宮虎彦)

いしなぎ【石〓投】🔗🔉

いしなぎ【石〓投】 〔動物・動物学〕はた科の海魚。やや深い海にすむ。黒茶色。体長は一〜二に達する。日本特産。夏は美味。産卵期に食べると中毒をおこすことがある。肝臓から肝油をとる。

いしばい【石灰】〔歴史的かな遣い〕いしばひ🔗🔉

いしばい【石灰】〔歴史的かな遣い〕いしばひ 「酸化カルシウム(=生石灰)」、または「水酸化カルシウム(=消石灰)」の俗称。消毒剤・肥料・しっくいなどに用いる。石灰(セッカイ)。 《シソーラス》

いしはじき【石〓弾き】🔗🔉

いしはじき【石〓弾き】いしゆみ「」。 盤上に碁石をならべ、たがいに指先ではじいて相手の石に当て、当たった石を取りあい、勝負を争うもの。弾棋(タンキ゛)。おはじき。

いしびや【石火矢】🔗🔉

いしびや【石火矢】 〔文語・文章語〕 石をはじきとばして攻撃する大形の弓。 《参考》のちには石のかわりに鉛・鉄を用いた。 江戸時代の初めに、西洋から伝わった大砲の称。

いしべきんきち【石〓部金吉】🔗🔉

いしべきんきち【石〓部金吉】 〔俗語〕非常にまじめな人。がんこなほどものがたい人。〔融通のきかない人をからかっていうことが多い〕 《参考》金(カネ)・石のようにかたいものをならべて人名化したことば。《類義語》木石漢(ホ゛クセキカン)

いしもち【石持・石〓首〓魚】🔗🔉

いしもち【石持・石〓首〓魚】 〔動物・動物学〕にべ科の海魚。四〇〜一〇〇の砂地の海底にすむ。体長約三〇。形はたいに似ている。灰色で光沢がある。うろこがはがれやすい。かまぼこの材料。ぐち。 《参考》頭骨の中に左右一対の大きなかたい骨(耳石)があるので、この名がある。産卵期には、おす・めす共に鳴く。

いしや【石屋】🔗🔉

いしや【石屋】 石を切り出したり細工をしたりする・人(職業)。石工(イシク)。 石材・庭石や細工をした石などをあきなう・人(職業)。 《シソーラス》

こく【石】🔗🔉

こく【石】 《名詞・助数詞》 尺貫法による容積の単位。一石は一〇斗、約一八〇。 積載量で和船の大きさを表すときの単位。一石は一〇立方尺。「千石船」 材木・石材の容積の単位。一石は一〇立方尺。 大名・武家の知行高(=禄高)を表す単位。用例(大岡昇平) さけ・ますの数量の単位。さけは四〇匹、ますは六〇匹で一石。 《シソーラス》

ざくろいし【石〓榴石】🔗🔉

ざくろいし【石〓榴石】 〔鉱物〕珪酸塩鉱物の一群。色は赤・茶・黄・緑・黒などで、美しいものは宝石にし、粗悪なものは研摩材に使う。一月の誕生石。ガーネット。

ざくろぐち【石〓榴口】🔗🔉

ざくろぐち【石〓榴口】 江戸時代の浴場で、湯ぶねへの入り口。湯がさめるのを防ぐため、湯ぶねの前に下部をあけた板戸を立て、かがみこんで出入りするようにした所。用例(柴田錬三郎) 《参考》ざくろの実の酢が、鏡をみがくのに用いられたことから、「鏡要(イ)る」を「かがみ入る」にかけてできた語という。 〔ざくろの実のように〕裂けて開いた口。はぜぐち。 石榴口

ざくろばな【石〓榴鼻】🔗🔉

ざくろばな【石〓榴鼻】 鼻の先端が赤く粒だってざくろの種子のように見えるもの。酒をよく飲む人に多い。

しゃくなげ【石南〓花・石〓楠〓花】🔗🔉

しゃくなげ【石南〓花・石〓楠〓花】 〔植物・植物学〕つつじ科の常緑低木。高山に自生する。高さ一〜三。葉は厚く光沢がある。初夏、うす紅色または白色のつつじに似た花をつける。

せき【石】🔗🔉

せき【石】 《助数詞》 時計の軸受けに使う宝石の数を表す語。 ラジオなどに使うトランジスター・ダイオードなどの数を表す語。 《シソーラス》

せきいん【石印】🔗🔉

せきいん【石印】 石の面に彫刻してつくった印。多く、ろう石などを用いる。用例(島崎藤村) 《シソーラス》

せきえい【石英】🔗🔉

せきえい【石英】 〔鉱物〕二酸化けい素から成り、ガラスのような光沢をもつ、柱状または錐状の結晶をした鉱物。純粋なものは無色透明で水晶と呼ぶ。陶磁器・ガラスなどの原料にする。 《シソーラス》

せきえいガラス【石英ガラス】🔗🔉

せきえいガラス【石英ガラス】 二酸化けい素だけからなる耐熱ガラス。純粋な石英の粉末を炭素坩堝(ルツホ゛)の中で溶解してつくる。耐熱用器具・光学器械用レンズなどに用いる。

せきがい【石〓崖】🔗🔉

せきがい【石〓崖】 岩でできたがけ。石のがけ。

せきこく【石〓斛】🔗🔉

せきこく【石〓斛】せっこく

せきしゅう【石〓甃】〔歴史的かな遣い〕せきしう🔗🔉

せきしゅう【石〓甃】〔歴史的かな遣い〕せきしう 〔文語・文章語〕石だたみ。 《シソーラス》

せきじゅん【石〓筍】🔗🔉

せきじゅん【石〓筍】 〔鉱物〕鍾乳洞(ショウニュウト゛ウ)の床の上に天井からしたたり落ちた炭酸石灰が積もってたけのこ状になったもの。 《参考》天井からつらら状に下がったものは鍾乳石と呼ばれ、これと石筍とがつながったものを石柱という。 《シソーラス》

せきしょう【石〓菖】〔歴史的かな遣い〕せきしゃう🔗🔉

せきしょう【石〓菖】〔歴史的かな遣い〕せきしゃう 〔植物・植物学〕さといも科の常緑多年草。水辺に自生する。初夏、葉の間から茎がでて、うす黄色の小さな花を開く。根は薬になる。石菖蒲(セキショウフ゛)。 セキショウ 《シソーラス》

せきしょうぶ【石〓菖〓蒲】〔歴史的かな遣い〕せきしゃうぶ🔗🔉

せきしょうぶ【石〓菖〓蒲】〔歴史的かな遣い〕せきしゃうぶせきしょう(石菖)《シソーラス》

せきぞく【石〓鏃】🔗🔉

せきぞく【石〓鏃】 〔考古学〕石器時代に、石を割ったりみがいたりしてつくった矢じり。石の矢じり。

せきとう【石〓磴】🔗🔉

せきとう【石〓磴】 〔文語・文章語〕石段。また、石のある坂道。用例(夏目漱石)

せきひつ【石〓櫃】🔗🔉

せきひつ【石〓櫃】 骨を納める石造の櫃(ヒツ)。

せきふ【石〓斧】🔗🔉

せきふ【石〓斧】 〔考古学〕原始時代につくった、おのの形をした石器。農具や武器に使った。用例(白鳥省吾) 《シソーラス》

せきりん【石〓痳・石〓淋】🔗🔉

せきりん【石〓痳・石〓淋】 腎臓(シ゛ンソ゛ウ)、または膀胱(ホ゛ウコウ)に結石ができる病気。また、その結石。

せきりんのあじをなめてかいけいのはじをすすぐ【石〓痳の味を〓嘗めて会〓稽の恥を〓雪ぐ】🔗🔉

せきりんのあじをなめてかいけいのはじをすすぐ【石〓痳の味を〓嘗めて会〓稽の恥を〓雪ぐ】 《慣用句・ことわざなど》屈辱に耐えて復讐を遂げるたとえ。《語源》中国の春秋時代、越王勾践(コウセン)が呉王夫差(フサ)に会稽山に敗れてのち、夫差の石痳をなめて病状を察しきげんを取るほどの屈辱に耐えながら、やがて呉を滅ぼして恥をすすいだという故事から。

せきろう【石〓蝋】〔歴史的かな遣い〕せきらふ🔗🔉

せきろう【石〓蝋】〔歴史的かな遣い〕せきらふ 《名詞》→パラフィン《シソーラス》

せっか【石化】〔歴史的かな遣い〕せきくゎ🔗🔉

せっか【石化】〔歴史的かな遣い〕せきくゎ 《名詞・自動詞。「する」と結合してサ変動詞としても用いる》活用表 動植物の遺骸が地中に埋蔵されているうちに鉱物化して石のようになること。化石になること。 石のように動かなくなること。用例(三島由紀夫)

せっか【石火】〔歴史的かな遣い〕せきくゎ🔗🔉

せっか【石火】〔歴史的かな遣い〕せきくゎ 石をうち合わせたときに発する火。 《参考》短い瞬間、すばやい動作、とっさの心の働きなどのたとえに使う。「電光石火」用例(夏目漱石・芥川竜之介)

せっかい【石塊】〔歴史的かな遣い〕せきくゎい🔗🔉

せっかい【石塊】〔歴史的かな遣い〕せきくゎい 石のかたまり。石ころ。

せっかい【石灰】〔歴史的かな遣い〕せきくゎい🔗🔉

せっかい【石灰】〔歴史的かな遣い〕せきくゎい 〔物理・化学〕「生石灰(セイセッカイ)」と「消石灰」の総称。 《シソーラス》

せっかいがん【石灰岩】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいがん🔗🔉

せっかいがん【石灰岩】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいがん 〔鉱物〕炭酸石灰を主成分とする、白色または灰色の水成岩。方解石・白雲石・石英や生物の死骸(シカ゛イ)の化石などをふくむ。耐火材・セメント・カーバイド・肥料などの原料になる。石灰石。 《参考》結晶質のものを大理石と呼ぶ。 《シソーラス》

せっかいすい【石灰水】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいすい🔗🔉

せっかいすい【石灰水】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいすい 消石灰の水溶液。無色透明、アルカリ性で、二酸化炭素を通すと炭酸カルシウムの白色沈殿ができる。

せっかいせき【石灰石】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいせき🔗🔉

せっかいせき【石灰石】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいせき 〔鉱物〕石灰岩(セッカイカ゛ン)。

せっかいどう【石灰洞】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいどう🔗🔉

せっかいどう【石灰洞】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいどう 〔地理・地学〕鍾乳洞(ショウニュウト゛ウ)。

せっかいにゅう【石灰乳】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいにゅう🔗🔉

せっかいにゅう【石灰乳】〔歴史的かな遣い〕せきくゎいにゅう 消石灰を水に飽和以上に混ぜてつくった、白くにごる液。消毒に用いる。

せっかい【石階】〔歴史的かな遣い〕せきかい🔗🔉

せっかい【石階】〔歴史的かな遣い〕せきかい 〔文語・文章語〕石でつくった階段。石のきざはし。用例(高山樗牛)

せっかく【石〓槨】〔歴史的かな遣い〕せきくゎく🔗🔉

せっかく【石〓槨】〔歴史的かな遣い〕せきくゎく ※かな書きが望ましい 〔考古学〕棺(カン)を入れる石造りの箱。また、死体を納めた石造りのへや。

せっくつ【石〓窟】〔歴史的かな遣い〕せきくつ🔗🔉

せっくつ【石〓窟】〔歴史的かな遣い〕せきくつ 岩にあいたほらあな。また、岩をくり抜いてつくったほらあな。いわや。用例(森鴎外) 《シソーラス》

せっくつじ【石〓窟寺】〔歴史的かな遣い〕せきくつじ🔗🔉

せっくつじ【石〓窟寺】〔歴史的かな遣い〕せきくつじ 岩の断崖をくり抜いて室をつくり、内部に仏像を安置したり壁面に装飾を施したりして寺院としたもの。インド・中国で見られる。石窟寺院。

せっけい【石径・石〓逕】〔歴史的かな遣い〕せきけい🔗🔉

せっけい【石径・石〓逕】〔歴史的かな遣い〕せきけい 〔文語・文章語〕石の多い小道。

せっけん【石〓鹸】〔歴史的かな遣い〕せきけん🔗🔉

せっけん【石〓鹸】〔歴史的かな遣い〕せきけん 動植物の脂肪に苛性(カセイ)ソーダなどを加えてつくった洗剤。洗濯用・洗顔用・工業用など、用途が広い。シャボン。 《シソーラス》

せっこう【石〓膏】〔歴史的かな遣い〕せきかう🔗🔉

せっこう【石〓膏】〔歴史的かな遣い〕せきかう 〔鉱物〕成層岩や粘土層の中に層をなして産する板状または柱状をした白色の結晶。主成分は含水硫酸カルシウム。セメントの混材、肥料、白色顔料のほか、焼いて焼石膏として美術・工芸用に使う。 《シソーラス》

せっこく【石〓斛】〔歴史的かな遣い〕せきこく🔗🔉

せっこく【石〓斛】〔歴史的かな遣い〕せきこく 〔植物・植物学〕らん科の常緑多年草。岩または古木に着生する。茎は数個の節をもつ円柱状で、節ごとに線状の葉をつける。高さ二〇ほどになり、群生する。夏、頂に三ほどの白または淡紅色のかおりのよい花を二個ずつつける。観賞用。また、煎じて、強壮剤・健胃剤などに用いる。石斛(セキコク)。

いしい ももこ【石井 桃子】🔗🔉

いしい ももこ【石井 桃子】 (明治四〇〜) 児童文学者・翻訳家。埼玉県生。日本女子大英文科卒。編集者をへて翻訳家・作家となる。ミルンの「クマのプーさん」を昭和一五年に翻訳、出版。 ◆小説「ノンちゃん雲に乗る」(昭二二刊・第一回芸術選奨)、「山のトムさん」(昭三二刊)、「三月ひなのつき」(昭三八刊)。 ノンちゃん雲に乗る

【石】のシソーラス🔗🔉

【石】のシソーラス 【土・岩・泥・粗金・砂・石・灰】岩石・鉱物 油石(アフ゛ライシ) 砂・沙・砂子・沙子(イサコ゛) 石(イシ) 石塊(イシクレ) 石子(イシコ) 一枚(イチマイ) 岩・巌・磐(イワ) 巌(イワオ) 岩根(イワネ) 隕石(インセキ) 浮(き)石(ウキイシ) 花崗岩(カコウカ゛ン) 火成岩(カセイカ゛ン) 軽石(カルイシ) 岩漿(カ゛ンショウ) 岩石(カ゛ンセキ) 岩盤(カ゛ンハ゛ン) 輝石(キセキ) 凝灰岩(キ゛ョウカイカ゛ン) 頁岩(ケツカ゛ン) 玄武岩(ケ゛ンフ゛カ゛ン) 黒曜石(コクヨウセキ) 砂岩(サカ゛ン) 蛇紋石(シ゛ャモンセキ) 水成岩(スイセイカ゛ン) 石灰岩(セッカイカ゛ン) 節理(セツリ) 堆石(タイセキ) 長石(チョウセキ) 泥岩(テ゛イカ゛ン) 泥板岩(テ゛イハ゛ンカ゛ン) 粘板岩(ネンハ゛ンカ゛ン) 盤石・磐石(ハ゛ンシ゛ャク) 変成岩(ヘンセイカ゛ン) マグマ 御影(ミカケ゛) 御影石(ミカケ゛イシ) 溶岩・熔岩(ヨウカ゛ン) 溶岩流・熔岩流(ヨウカ゛ンリュウ) 【土・岩・泥・粗金・砂・石・灰】宝石・財宝 アメシスト 石(イシ) エメラルド エメロード オパール 黒ダイヤ(クロタ゛イヤ) 原石(ケ゛ンセキ) 硬玉(コウキ゛ョク) 紅玉(コウキ゛ョク) 琥珀(コハク) 金剛(コンコ゛ウ) 金剛石(コンコ゛ウセキ) サファイア ジャスパー 珠玉(シュキ゛ョク) 浄瑠璃(シ゛ョウルリ) 翠玉(スイキ゛ョク) 青玉(セイキ゛ョク) ダイヤ ダイヤモンド 誕生石(タンシ゛ョウセキ) 玻璃(ハリ) 碧玉(ヘキキ゛ョク) 宝珠(ホウシ゛ュ) 宝石(ホウセキ) 瑪瑙(メノウ) 緑玉石(リョクキ゛ョクセキ) 緑柱玉(リョクチュウキ゛ョク) 瑠璃・琉璃(ルリ) 【土・岩・泥・粗金・砂・石・灰】いろいろな石 石(イシ) 石切(り)(イシキリ) 石工(イシク) 石屋(イシヤ) 浮(き)石(ウキイシ) 化石(カセキ) ケルン 碁石(コ゛イシ) 試金石(シキンセキ) 水石(スイセキ) 堆石(タイセキ) 鉄石(テッセキ) 木石(ホ゛クセキ) 焼け石(ヤケイシ) 竜骨(リュウコツ) 【遊ぶ・戯れる・ふざける】子供の遊びの道具 凧・紙鳶(イカ) 石(イシ) 鬼(オニ) 紙(カミ) ぐう コール シーソー 凧・紙鳶(タコ) チェック 竹馬(チクハ゛) ぱあ 鋏・剪刀(ハサミ) 婆(ハ゛ハ゛) 奴(ヤッコ) 奴凧(ヤッコタ゛コ) 遊園地(ユウエンチ) 【固い・固まる・強い】固い(材質) 石(イシ) 御強(オコワ) 堅い・固い・硬い(カタイ) 硬さ(カタサ) 堅(ケン) 堅固(ケンコ゛) 堅牢(ケンロウ) 硬(コウ) 硬質(コウシツ) 鋼鉄(コウテツ) 硬軟(コウナン) 強い(コワイ) 強張る・硬張る(コワハ゛ル) 強飯(コワメシ) 赤飯(セキハン) 盤石・磐石(ハ゛ンシ゛ャク) 引き攣る(ヒキツル) 木質(モクシツ) 牢固(ロウコ)

【石塊】のシソーラス🔗🔉

【石塊】のシソーラス 【小さい・こまかい・かすか(微)】小さな…・小さく…する 石塊(イシクレ) 石塊(イシコロ) 疣(イホ゛) 怪我(ケカ゛) 小男(コオトコ) 小型(コカ゛タ) 小形(コカ゛タ) 小柄(コカ゛ラ) 小作り(コツ゛クリ) 小槌(コツ゛チ) 小粒(コツフ゛) 小兵(コヒョウ) 小振り(コフ゛リ) 小回り(コマワリ) 小者(コモノ) 小指(コユヒ゛) 細工(サイク) 才槌(サイツ゛チ) 小波・細波・漣(ササ゛ナミ) 細やか(ササヤカ) 柴(シハ゛) 袖珍(シュウチン) 袖珍本(シュウチンホ゛ン) 縮小(シュクショウ) 小(ショウ) 小品(ショウヒン) 小品文(ショウヒンフ゛ン) 礫・飛礫(ツフ゛テ) 手帳・手帖(テチョウ) 手旗(テハ゛タ) 袱紗・帛紗・服紗(フクサ) 臍(ヘソ) 榾・榾柮(ホタ゛) 豆(マメ) 微塵(ミシ゛ン) ミニアチュア ミニチュア 礫(レキ) 割(り)木(ワリキ) 【土・岩・泥・粗金・砂・石・灰】小石・礫 砂・沙・砂子・沙子(イサコ゛) 石塊(イシクレ) 石塊(イシコロ) 一石(イッセキ) 切(り)石(キリイシ) 小石(コイシ) 砂石・沙石(サセキ) 砂礫(サレキ) 〈砂利〉(シ゛ャリ) 玉〈砂利〉(タマシ゛ャリ) 礫・飛礫(ツフ゛テ) バラス バラスト 礫(レキ) 割(り)栗(ワリク゛リ) 【土・岩・泥・粗金・砂・石・灰】岩石・鉱物 油石(アフ゛ライシ) 砂・沙・砂子・沙子(イサコ゛) 石(イシ) 石塊(イシクレ) 石子(イシコ) 一枚(イチマイ) 岩・巌・磐(イワ) 巌(イワオ) 岩根(イワネ) 隕石(インセキ) 浮(き)石(ウキイシ) 花崗岩(カコウカ゛ン) 火成岩(カセイカ゛ン) 軽石(カルイシ) 岩漿(カ゛ンショウ) 岩石(カ゛ンセキ) 岩盤(カ゛ンハ゛ン) 輝石(キセキ) 凝灰岩(キ゛ョウカイカ゛ン) 頁岩(ケツカ゛ン) 玄武岩(ケ゛ンフ゛カ゛ン) 黒曜石(コクヨウセキ) 砂岩(サカ゛ン) 蛇紋石(シ゛ャモンセキ) 水成岩(スイセイカ゛ン) 石灰岩(セッカイカ゛ン) 節理(セツリ) 堆石(タイセキ) 長石(チョウセキ) 泥岩(テ゛イカ゛ン) 泥板岩(テ゛イハ゛ンカ゛ン) 粘板岩(ネンハ゛ンカ゛ン) 盤石・磐石(ハ゛ンシ゛ャク) 変成岩(ヘンセイカ゛ン) マグマ 御影(ミカケ゛) 御影石(ミカケ゛イシ) 溶岩・熔岩(ヨウカ゛ン) 溶岩流・熔岩流(ヨウカ゛ンリュウ)

【石塊】のシソーラス🔗🔉

【石塊】のシソーラス 【小さい・こまかい・かすか(微)】小さな…・小さく…する 石塊(イシクレ) 石塊(イシコロ) 疣(イホ゛) 怪我(ケカ゛) 小男(コオトコ) 小型(コカ゛タ) 小形(コカ゛タ) 小柄(コカ゛ラ) 小作り(コツ゛クリ) 小槌(コツ゛チ) 小粒(コツフ゛) 小兵(コヒョウ) 小振り(コフ゛リ) 小回り(コマワリ) 小者(コモノ) 小指(コユヒ゛) 細工(サイク) 才槌(サイツ゛チ) 小波・細波・漣(ササ゛ナミ) 細やか(ササヤカ) 柴(シハ゛) 袖珍(シュウチン) 袖珍本(シュウチンホ゛ン) 縮小(シュクショウ) 小(ショウ) 小品(ショウヒン) 小品文(ショウヒンフ゛ン) 礫・飛礫(ツフ゛テ) 手帳・手帖(テチョウ) 手旗(テハ゛タ) 袱紗・帛紗・服紗(フクサ) 臍(ヘソ) 榾・榾柮(ホタ゛) 豆(マメ) 微塵(ミシ゛ン) ミニアチュア ミニチュア 礫(レキ) 割(り)木(ワリキ) 【土・岩・泥・粗金・砂・石・灰】小石・礫 砂・沙・砂子・沙子(イサコ゛) 石塊(イシクレ) 石塊(イシコロ) 一石(イッセキ) 切(り)石(キリイシ) 小石(コイシ) 砂石・沙石(サセキ) 砂礫(サレキ) 〈砂利〉(シ゛ャリ) 玉〈砂利〉(タマシ゛ャリ) 礫・飛礫(ツフ゛テ) バラス バラスト 礫(レキ) 割(り)栗(ワリク゛リ)

【石灰】のシソーラス🔗🔉

【石灰】のシソーラス 【鉱物・金属・元素など】固体(化合物) 石灰(イシハ゛イ) カーバイド カーボン 核酸(カクサン) 角質(カクシツ) 活性炭(カッセイタン) カルキ 枸櫞酸(クエンサン) 苦土(クト゛) クリスタル クロールカルキ 珪酸(ケイサン) 結晶(ケッショウ) ケラチン 骨炭(コッタン) サッカリン サリチル酸(サリチルサン) 重曹(シ゛ュウソウ) 重炭酸ソーダ(シ゛ュウタンサンソータ゛) 重土(シ゛ュウト゛) 消石灰(ショウセッカイ) 生石灰(セイセッカイ) 石筍(セキシ゛ュン) 石蝋(セキロウ) 石灰(セッカイ) 石膏(セッコウ) ゼラチン セルロイド チャン ナフタリン 尿素(ニョウソ) 玻璃(ハリ) バリウム 砒酸(ヒサン) 硼酸(ホウサン) 硼砂(ホウシャ) 明礬(ミョウハ゛ン) 湯の花(ユノハナ) 竜脳(リュウノウ) 燐酸(リンサン) ルビー

【石屋】のシソーラス🔗🔉

【石屋】のシソーラス 【土・岩・泥・粗金・砂・石・灰】いろいろな石 石(イシ) 石切(り)(イシキリ) 石工(イシク) 石屋(イシヤ) 浮(き)石(ウキイシ) 化石(カセキ) ケルン 碁石(コ゛イシ) 試金石(シキンセキ) 水石(スイセキ) 堆石(タイセキ) 鉄石(テッセキ) 木石(ホ゛クセキ) 焼け石(ヤケイシ) 竜骨(リュウコツ) 【しょく(職)】職人 綾織(り)(アヤオリ) 石切(り)(イシキリ) 石工(イシク) 石屋(イシヤ) 植木屋(ウエキヤ) 園丁(エンテイ) 画工(カ゛コウ) 鍛冶(カシ゛) 刀鍛冶(カタナカシ゛) カッター 髪結(い)(カミユイ) 技工(キ゛コウ) 経師屋(キョウシ゛ヤ) 木挽(き)(コヒ゛キ) 酒杜氏(サカトウシ゛) 左官(サカン) 下職(シタショク) 図工(ス゛コウ) 炭焼(き)(スミヤキ) 大経師(タ゛イキョウシ゛) 大工(タ゛イク) 工・匠・巧み(タクミ) 〈七夕〉・棚機(タナハ゛タ) 調律師(チョウリツシ) テーラー 刀工(トウコウ) 陶工(トウコウ) 杜氏(トウシ゛) 刀匠(トウショウ) 鳶(トヒ゛) 鳶職(トヒ゛ショク) 鳶の者(トヒ゛ノモノ) 庭師(ニワシ) 庭作り・庭造り(ニワツクリ) 墓守(ハカモリ) 箱屋(ハコヤ) 表具師(ヒョウク゛シ) 仏工(フ゛ッコウ) 仏師(フ゛ッシ) 船大工(フナタ゛イク) 宮大工(ミヤタ゛イク) 名工(メイコウ) 木工(モッコウ)

【石】のシソーラス🔗🔉

【石】のシソーラス 【匁・厘・坪・尺・屯・斗・斤】容積・体積の単位 抱え(カカエ) ガロン 切れ(キレ) キロリットル 号(コ゛ウ) 石(コク) 才(サイ) 勺(シャク) 升(ショウ) 抄・鈔(ショウ) 総トン(ソウトン) 立坪(タテツホ゛) 撮み・摘み・抓み(ツマミ) 斗(ト) トン バーレル バレル ミリリットル リッター リットル 立方(リッホ゜ウ) 立米(リュウヘ゛イ) 【匁・厘・坪・尺・屯・斗・斤】いろいろな単位 貫(カン) 石(コク) 【位・代・番・条・枚・匹・号・度】ものの単位(2〜5の他) アンペア 位(イ) 重(エ) オーム 億(オク) 音節(オンセツ) 価(カ) 箇月・個月(カケ゛ツ) 月(カ゛ツ) カラット カロリー キロ キロワット クール 位取り(クライト゛リ) グロス 桁(ケタ) 月(ケ゛ツ) 号(コ゛ウ) 石(コク) 忽(コツ) 皿(サラ) 死(シ) 時(シ゛) 時間(シ゛カン) 時限(シ゛ケ゛ン) 次元(シ゛ケ゛ン) ジュール 燭(ショク) 燭光(ショッコウ) ストローク スピンドル 束(ソク) 単位(タンイ) 兆(チョウ) 通話(ツウワ) 艇身(テイシン) ディメンション デシベル 度(ト゛) 時(トキ) 握り(ニキ゛リ) ノット バール 発(ハツ) 発(ハ゜ツ) 馬力(ハ゛リキ) 番手(ハ゛ンテ) 匹・疋(ヒキ) ビット 秒(ヒ゛ョウ) 分(フ゛) フォン 分(フン) 分隊(フ゛ンタイ) ヘルツ 変種(ヘンシュ) ポイント ボルト 本(ホン) ホン 枚(マイ) マグニチュード マッハ マッハ数(マッハスウ) ミリバール 毛(モウ) 旅団(リョタ゛ン) 厘(リン) ルクス ルックス ルビー ワット 割(り)(ワリ)

【石】のシソーラス🔗🔉

【石】のシソーラス 【位・代・番・条・枚・匹・号・度】ものを数える語 位(イ) イニング インニング 宇(ウ) 折(り)(オリ) 箇・個・个(カ) 荷(カ) 顆(カ) 回(カイ) 階(カイ) 蓋(カ゛イ) 画(カク) 重ね(カサネ) 箇所・個所(カショ) 箇条・個条(カシ゛ョウ) 方(カタ) 株(カフ゛) 巻(カン) 管(カン) 基(キ) 機(キ) 騎(キ) 客(キャク) 脚(キャク) 局(キョク) 切れ(キレ) 斤(キン) 句(ク) 口(ク) 具(ク゛) 口(クチ) 組(クミ) 間(ケン) 件(ケン) 軒(ケン) 元(ケ゛ン) 個・箇(コ) 戸(コ) 語(コ゛) 口(コウ) 校(コウ) 号(コ゛ウ) 腰(コシ) 齣(コマ) 座(サ゛) 歳(サイ) 剤(サ゛イ) 竿・棹(サオ) 差し(サシ) 冊(サツ) 札(サツ) 子(シ) 枝(シ) 氏(シ) 路(シ゛) 軸(シ゛ク) 締め(シメ) 車(シャ) 首(シュ) 週間(シュウカン) 床(ショウ) 乗(シ゛ョウ) 条(シ゛ョウ) 畳(シ゛ョウ) 錠(シ゛ョウ) 帖(シ゛ョウ) 小節(ショウセツ) 食(ショク) 錘(スイ) 筋(スシ゛) ストローク 世(セ) 隻(セキ) 石(セキ) セット 膳(セ゛ン) 双(ソウ) 層(ソウ) 則(ソク) 束(ソク) 足(ソク) 揃い(ソロイ) ダース 体(タイ) 袋(タイ) 代(タ゛イ) 台(タ゛イ) 代目(タ゛イメ) 立(て)(タテ) 束(タハ゛) 度(タヒ゛) 人(タリ) 着(チャク) 丁(チョウ) 張(チョウ) つ 対(ツイ) 通(ツウ) 番(い)(ツカ゛イ) 包(み)(ツツミ) 粒(ツフ゛) 手(テ) 滴(テキ) 点(テン) 灯(トウ) 頭(トウ) 所・処(トコロ) 流れ(ナカ゛レ) 日(ニチ) 人(ニン) 年(ネン) 派(ハ) 羽(ハ゛) 羽(ハ゜) 拝(ハイ) 敗(ハイ) 杯・盃(ハイ) 拍(ハク) 泊(ハク) 柱(ハシラ) 発(ハツ) 幅・巾(ハハ゛) 張り(ハリ) 番(ハ゛ン) 尾(ヒ゛) 匹・疋(ヒキ) 俵(ヒョウ) 票(ヒョウ) 片・枚(ヒラ) 部(フ゛) 封(フウ) 幅(フク) 服(フク) 筆(フテ゛) 振り(フリ) ページ 片(ヘン) 編・篇(ヘン) 返(ヘン) 遍(ヘン) 歩(ホ) 房(ホ゛ウ) 本(ホン) 間(マ) 枚(マイ) 巻(き)(マキ) 幕(マク) 回り・廻り(マワリ) 味(ミ) 棟(ムネ) 群・叢(ムラ) 名(メイ) 夫婦(メオト) 面(メン) 目(モク) 文字(モシ゛) 本・元・基・原(モト) 盛り(モリ) 問(モン) 門(モン) 山(ヤマ) 葉(ヨウ) 粒(リュウ) 旒・流(リュウ) 両・輛(リョウ) 領(リョウ) 輪(リン) 鱗(リン) 列(レツ) 連(レン) 羽(ワ) 把(ワ) 渡り(ワタリ) 椀・碗(ワン)

【石印】のシソーラス🔗🔉

【石印】のシソーラス 【文房具】印鑑など 合印(アイイン) 合判(アイハン) 印(イン) 印影(インエイ) 印鑑(インカン) 印形(インキ゛ョウ) 印刻(インコク) 印璽(インシ゛) 印章(インショウ) 印相(インソウ) 印池(インチ) 印肉(インニク) 印判(インハ゛ン) 押印(オウイン) 押捺(オウナツ) 押(し)切り(オシキリ) 押(し)切り判(オシキリハ゛ン) 花押・華押(カオウ) 書(き)判(カキハン) 玉璽(キ゛ョクシ゛) 御璽(キ゛ョシ゛) 契(ケイ) 契印(ケイイン) 消印(ケシイン) 血判(ケッハ゜ン) 検印(ケンイン) 刻印(コクイン) 極印(コ゛クイン) 小判(コハ゛ン) 三文判(サンモンハ゛ン) 璽(シ゛) 実印(シ゛ツイン) 朱肉(シュニク) 証印(ショウイン) スタンプ 石印(セキイン) 代印(タ゛イイン) 太鼓判(タイコハ゛ン) 突く(ツク) 爪印(ツメイン) 篆刻(テンコク) 捺印(ナツイン) 肉(ニク) 肉入れ(ニクイレ) 肉池(ニクチ) 判(ハン) 判子(ハンコ) 版行(ハンコウ) 封印(フウイン) 拇印(ホ゛イン) 認め(ミトメ) 認(め)印(ミトメイン) 焼(き)印(ヤキイン) 烙印(ラクイン) 落款(ラッカン) 割(り)印(ワリイン) 割(り)判(ワリハ゛ン)

【石英】のシソーラス🔗🔉

【石英】のシソーラス 【土・岩・泥・粗金・砂・石・灰】(有用な)鉱物・鉱石 アスベスト 石綿(イシワタ) 雲母(ウンモ) 黄玉(オウキ゛ョク) 黄鉄鉱(オウテッコウ) 黄土(オウト゛) オークル 滑石(カッセキ) 褐鉄鉱(カッテッコウ) 玉髄(キ゛ョクス゛イ) 雲母(キララ) 金鉱(キンコウ) 孔雀石(クシ゛ャクセキ) クリスタル 珪石(ケイセキ) 原鉱(ケ゛ンコウ) 原石(ケ゛ンセキ) 鋼玉(コウキ゛ョク) 鉱石(コウセキ) 黒鉛(コクエン) コランダム 金剛砂(コンコ゛ウシャ) 磁石(シ゛シャク) 磁鉄鉱(シ゛テッコウ) 水玉(スイキ゛ョク) 水晶(スイショウ) 石英(セキエイ) 石綿(セキメン) 大理石(タ゛イリセキ) タルカン タルク チョーク 鉄鉱(テッコウ) トパーズ 白亜・白堊(ハクア) 白墨(ハクホ゛ク) 砒石(ヒセキ) 方解石(ホウカイセキ) マイカ マグネタイト 蝋石(ロウセキ)

【石灰】のシソーラス🔗🔉

【石灰】のシソーラス 【鉱物・金属・元素など】固体(化合物) 石灰(イシハ゛イ) カーバイド カーボン 核酸(カクサン) 角質(カクシツ) 活性炭(カッセイタン) カルキ 枸櫞酸(クエンサン) 苦土(クト゛) クリスタル クロールカルキ 珪酸(ケイサン) 結晶(ケッショウ) ケラチン 骨炭(コッタン) サッカリン サリチル酸(サリチルサン) 重曹(シ゛ュウソウ) 重炭酸ソーダ(シ゛ュウタンサンソータ゛) 重土(シ゛ュウト゛) 消石灰(ショウセッカイ) 生石灰(セイセッカイ) 石筍(セキシ゛ュン) 石蝋(セキロウ) 石灰(セッカイ) 石膏(セッコウ) ゼラチン セルロイド チャン ナフタリン 尿素(ニョウソ) 玻璃(ハリ) バリウム 砒酸(ヒサン) 硼酸(ホウサン) 硼砂(ホウシャ) 明礬(ミョウハ゛ン) 湯の花(ユノハナ) 竜脳(リュウノウ) 燐酸(リンサン) ルビー

【石灰岩】のシソーラス🔗🔉

【石灰岩】のシソーラス 【土・岩・泥・粗金・砂・石・灰】岩石・鉱物 油石(アフ゛ライシ) 砂・沙・砂子・沙子(イサコ゛) 石(イシ) 石塊(イシクレ) 石子(イシコ) 一枚(イチマイ) 岩・巌・磐(イワ) 巌(イワオ) 岩根(イワネ) 隕石(インセキ) 浮(き)石(ウキイシ) 花崗岩(カコウカ゛ン) 火成岩(カセイカ゛ン) 軽石(カルイシ) 岩漿(カ゛ンショウ) 岩石(カ゛ンセキ) 岩盤(カ゛ンハ゛ン) 輝石(キセキ) 凝灰岩(キ゛ョウカイカ゛ン) 頁岩(ケツカ゛ン) 玄武岩(ケ゛ンフ゛カ゛ン) 黒曜石(コクヨウセキ) 砂岩(サカ゛ン) 蛇紋石(シ゛ャモンセキ) 水成岩(スイセイカ゛ン) 石灰岩(セッカイカ゛ン) 節理(セツリ) 堆石(タイセキ) 長石(チョウセキ) 泥岩(テ゛イカ゛ン) 泥板岩(テ゛イハ゛ンカ゛ン) 粘板岩(ネンハ゛ンカ゛ン) 盤石・磐石(ハ゛ンシ゛ャク) 変成岩(ヘンセイカ゛ン) マグマ 御影(ミカケ゛) 御影石(ミカケ゛イシ) 溶岩・熔岩(ヨウカ゛ン) 溶岩流・熔岩流(ヨウカ゛ンリュウ)

せっか【石化】 自動詞。「する」と結合してサ変動詞としても用いる🔗🔉

せっか【石化】 自動詞。「する」と結合してサ変動詞としても用いる 形式名 活用形 下接語例 未然形 せっか・し {ない}     せっか・せ     せっか・さ 連用形 せっか・し {ます/た} 終止形 せっか・する {。} 連体形 せっか・する {とき} 仮定形 せっか・すれ {ば} 命令形 せっか・しろ {。}     せっか・せよ ・「する」は語幹と語尾との区別がない。 ・未然形の欄は三つに分けた。そのそれぞれの用法は次のようである。 上段…助動詞「ない」「まい」「よう」に続く。 中段…助動詞「ぬ」「られる」「しめる」に続く(「する」のみ)。 下段…「する」の活用語尾「さ」は助動詞「せる」「れる」に続く。「接する」などは助動詞「ぬ」「させる」「られる」「しめる」に続く(ただし、上一段化する結果、「させる」「られる」に続くときは「-し」となることが多い)。 ・サ変動詞「する」と同様に活用するサ変複合動詞は数多くある。また、それらのうち、「愛する」「解する」「適する」の類は、「愛す」「解す」「適す」の形をとって五段に活用する。

【石】🔗🔉

【石】 ◆全身が石のように冷たくなった〔尾崎士郎・人生劇場〕 ◆私はもう石のように押し黙ったぎり、〔堀辰雄・かげろうの日記〕

【石に〓齧り付いても】🔗🔉

【石に〓齧り付いても】 ◆この窓の外にブラジルの土が見えるまで、あと二十日、石に齧りついても生きて行かなくてはならない〔石川達三・蒼氓〕

【石〓塊】🔗🔉

【石〓塊】 ◆その獣の背は、夕日の中を、まっしぐらに木の根石くれの嫌いなく、何処までも、走って行く〔芥川竜之介・芋粥〕

【石〓塊】🔗🔉

【石〓塊】 ◆往来の石塊を蹴飛ばし蹴飛ばし行く〔二葉亭四迷・平凡〕

【石〓摺(り)・石刷(り)】🔗🔉

【石〓摺(り)・石刷(り)】 ◆彼の書斎には石刷を貼った屏風と床にかけた紅楓黄菊(コウフウコウキ゛ク)の双幅との外に、〔芥川竜之介・戯作三昧〕

【石〓礫】🔗🔉

【石〓礫】 ◆石礫のように檐(ノキ)をたたきつける烈しい横なぐりの雨脚の音が、〔田宮虎彦・足摺岬〕

【石】🔗🔉

【石】 ◆かつて五百石取りの旗本の家であった宮地家も、〔大岡昇平・武蔵野夫人〕

【石〓榴口】🔗🔉

【石〓榴口】 ◆談亭が入って行くと、武者絵を描いた石榴口の中から、声高な云い争いがきこえた〔柴田錬三郎・眠狂四郎無頼控〕

【石印】🔗🔉

【石印】 ◆桑畠の中から掘出されたという忠寛の石印を三つばかり三吉の前に置いた〔島崎藤村・家〕

【石〓磴】🔗🔉

【石〓磴】 ◆赤い幹の間から石磴が五六段手にとる様に見える〔夏目漱石・草枕〕

【石〓斧】🔗🔉

【石〓斧】 ◆土人(ト゛シ゛ン)が石斧を揮(フル)つて獣(ケモノ)を獲(ト)り〔白鳥省吾・詩・古代の夢〕

【石化】🔗🔉

【石化】 ◆意志も欲望もすべてが石化した〔三島由紀夫・金閣寺〕

【石火】🔗🔉

【石火】 ◆三四郎は、石火の如く、先刻(サッキ)の嘆声と今の列車の響とを、一種の因果で結び付けた〔夏目漱石・三四郎〕 ◆兄の事や沙金の事を、一度に石火の如く、思い浮べた〔芥川竜之介・偸盗〕

【石〓窟】🔗🔉

【石〓窟】 ◆寒巌(カンカ゛ン)という石窟があって、そこに寒山と申すものがおります〔森鴎外・寒山拾得〕

学研国語大辞典で始まるの検索結果 1-98もっと読み込む