複数辞典一括検索+

【が㊀】🔗🔉

【が㊀】 ◆尽きぬ悲しい夢に酔おう為め、〔永井荷風・ふらんす物語〕 ◆人の心を豊かにする故に…〔夏目漱石・草枕〕

【が㊀】🔗🔉

【が㊀】 ◆(ナニガ来タカトイウト)春来た 春来た どこに来た〔文部省唱歌・春が来た〕 ◆(ナニガドウシタカトイウト)雨上って、月出た〔川端康成・伊豆の踊子〕 ◆(ダレガドウシタカトイウト)唐(トウ)の都洛陽(ラクヨウ)の西の門の下(シタ)に、ぼんやり空を仰いでいる、一人の若者ありました〔芥川竜之介・杜子春〕 ◆牛飼歌よむ時に世のなかの新しき歌大いにおこる〔伊藤左千夫・歌〕 ◆少しはひとの了見も察して見るいい〔夏目漱石・坊っちゃん〕 ◆ああ水飲みたい〔川端康成・伊豆の踊子〕

【が㊀】🔗🔉

【が㊀】 ◆神将はこう喚(ワメ)く早いか、……一突きに杜子春を突き殺しました〔芥川竜之介・杜子春〕

【が㊁】🔗🔉

【が㊁】 ◆四五日前の新聞で見たのです、近頃の裁判所の判決例では、ヒステリイは十分離縁の材料になるそうですね〔宇野浩二・蔵の中〕

【が㊁】🔗🔉

【が㊁】 ◆船の中で蜜柑はよくありません、柿は船酔いにいいくらいですから〔川端康成・伊豆の踊子〕

【が㊁】🔗🔉

【が㊁】 ◆猫であろう、あるまい斯うなった日にゃあ構うものか、〔夏目漱石・吾輩は猫である〕

【が㊂】🔗🔉

【が㊂】 ◆『廻るんです』と男は娘達の方を見た〔川端康成・伊豆の踊子〕

【が㊂】🔗🔉

【が㊂】 ◆そんなら好い森鴎外・雁〕 ◆明日の朝二番か三番で是非発(タ)たなきゃならんと、…考えていると、〔二葉亭四迷・平凡〕

【が㊂】🔗🔉

【が㊂】 ◆この不孝者め芥川竜之介・杜子春〕

【カーキ色】🔗🔉

【カーキ色】 ◆戦争になると、とたんにいっさいがカーキ色に塗りつぶされる…〔丸山真男・憲法第九条をめぐる若干の考察〕

学研国語大辞典 ページ 67884