複数辞典一括検索+

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆あなたは夕べ何時に御休みになったんです夏目漱石・吾輩は猫である〕 ◆京都は好き?〔志賀直哉・暗夜行路〕 ◆恋は罪の一つでございましょう倉田百三・出家とその弟子〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆開けてみましょう井上靖・氷壁〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆おい、散歩でもしてみる岸田国士・紙風船〕 ◆『飲もう』と自分。『よし』と堀木〔太宰治・人間失格〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆『これをどうかして貰える?』『承知しました』〔志賀直哉・暗夜行路〕 ◆遭難者の体についていたザイルを持って来てみたんですが、ひとつ見ていただけませんでしょう井上靖・氷壁〕 ◆五円、貸してくれない太宰治・人間失格〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆そんなら引受けたらどうです志賀直哉・暗夜行路〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆切れぬ事がある、何でも切って見せると受け合った〔夏目漱石・坊っちゃん〕 ◆真っ暗な、なんにも無い世界に自分の身体をゆずってたまる!〔三好十郎・浮標〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆おやじが大きな眼をして二階位から飛び降りて腰をぬかす奴があると云ったから、〔夏目漱石・坊っちゃん〕 ◆存じませんで済むと箒を椽側へ抛り出したら、〔夏目漱石・坊っちゃん〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆さあ、もう帰れと言つたら帰らん尾崎紅葉・金色夜叉〕 ◆おい、起きない庄野潤三・静物〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆悪い人の筈はないじゃない森鴎外・雁〕 ◆だから始めから断ってるではない倉田百三・出家とその弟子〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆可(イ)い、宮(ミイ)さん、一月の十七日だ〔尾崎紅葉・金色夜叉〕 ◆好(イ)い。天地が裂(サ)けても、黙っているのだぞ〔芥川竜之介・杜子春〕

【か㊂】🔗🔉

【か㊂】 ◆突然空中に声があって、『そこにいるのは何者だ。』と、叱(シカ)りつけるではありません芥川竜之介・杜子春〕 ◆すると不思議ではありません。竹杖は忽(タチマ)ち竜のように、勢(イキオイ)よく大空へ舞い上って、〔芥川竜之介・杜子春〕

学研国語大辞典 ページ 67882