しろうとくさ・い【〈素人〉臭い】 形容詞🔗🔉

しろうとくさ・い【〈素人〉臭い】 形容詞 形式名 活用形 下接語例 未然形 しろうとくさ・かろ {う} 連用形 しろうとくさ・く {ない/た}     しろうとくさ・かっ 終止形 しろうとくさ・い {。} 連体形 しろうとくさ・い {とき} 仮定形 しろうとくさ・けれ {ば} 命令形 ― ・連用形の欄は二つに分けた。そのそれぞれの用法は次のようである。 上段…言いさすときや、連用修飾語として用いる。補助形容詞「ない」、助詞「て」「ても」に続く。 下段…助動詞「た」、助詞「たり」に続く。 ・-はその活用形がないことを示す。 ・連用形が「ございます」「存じます」に続くときはウ音便になる。「寒うございます」「白うございます」「うれしゅう存じます」など。

しろうとばなれ【〈素人〉離れ】 自動詞。「する」と結合してサ変動詞としても用いる🔗🔉

しろうとばなれ【〈素人〉離れ】 自動詞。「する」と結合してサ変動詞としても用いる 形式名 活用形 下接語例 未然形 しろうとばなれ・し {ない}     しろうとばなれ・せ     しろうとばなれ・さ 連用形 しろうとばなれ・し {ます/た} 終止形 しろうとばなれ・する {。} 連体形 しろうとばなれ・する {とき} 仮定形 しろうとばなれ・すれ {ば} 命令形 しろうとばなれ・しろ {。}     しろうとばなれ・せよ ・「する」は語幹と語尾との区別がない。 ・未然形の欄は三つに分けた。そのそれぞれの用法は次のようである。 上段…助動詞「ない」「まい」「よう」に続く。 中段…助動詞「ぬ」「られる」「しめる」に続く(「する」のみ)。 下段…「する」の活用語尾「さ」は助動詞「せる」「れる」に続く。「接する」などは助動詞「ぬ」「させる」「られる」「しめる」に続く(ただし、上一段化する結果、「させる」「られる」に続くときは「-し」となることが多い)。 ・サ変動詞「する」と同様に活用するサ変複合動詞は数多くある。また、それらのうち、「愛する」「解する」「適する」の類は、「愛す」「解す」「適す」の形をとって五段に活用する。

学研国語大辞典 ページ 61441