複数辞典一括検索+

いしだか【石高】🔗🔉

いしだか【石高】 《形容動詞》活用表石が多くて、道がでこぼこしているようす。用例(徳田秋声)《文語形》《形容動詞ナリ活用》

いしだかみち【石高道】🔗🔉

いしだかみち【石高道】 石が多くて、でこぼこしている道。用例(泉鏡花)

いしたたき【石〓叩(き)・石〓敲(き)】🔗🔉

いしたたき【石〓叩(き)・石〓敲(き)】 槌(ツチ)で鉱石をうちくだくこと。また、その槌。また、それを職業とする人。 「せきれい」の別名。 《シソーラス》

いしだたみ【石畳・〓甃】🔗🔉

いしだたみ【石畳・〓甃】 四角い平らな石をたたみのように敷きつめてある所。また、その石。石甃(セキシュウ)。用例(三島由紀夫) 〔古語〕石段。 木箱などのすみの木口を交互に組みあわせて、角の両面に現れるようにしたもの。 市松模様(イチマツモヨウ)。 石畳 《シソーラス》

いしだん【石段】🔗🔉

いしだん【石段】 石で作った階段。 《シソーラス》

いしつ【異質】🔗🔉

いしつ【異質】 《名詞・形容動詞》活用表他とくらべて性質がちがうこと。また、ちがった性質。用例(江藤淳)《対語》同質。《文語形》《形容動詞ナリ活用》 《シソーラス》

いしつ【遺失】〔歴史的かな遣い〕ゐしつ🔗🔉

いしつ【遺失】〔歴史的かな遣い〕ゐしつ 《名詞・他動詞。「する」と結合してサ変動詞としても用いる》活用表〔品物や金銭を〕落としたり置き忘れたりしてなくすこと。用例(島木健作)《類義語》紛失《シソーラス》

いしつぶつ【遺失物】〔歴史的かな遣い〕ゐしつぶつ🔗🔉

いしつぶつ【遺失物】〔歴史的かな遣い〕ゐしつぶつ 〔法律〕所有者の意思によらずに失った品物。落とし物。忘れ物。 《シソーラス》

いしづき【石突(き)】🔗🔉

いしづき【石突(き)】 太刀(タチ)のさやじり。また、それをつつむ金具。こじり。 やり・なぎなたなどの柄(エ)の末端や、つえ・かさなどの先端。また、そこについている金具。 きのこの根もとのかたい部分。「しいたけの石突き」 《シソーラス》

学研国語大辞典 ページ 407