複数辞典一括検索+

せっこう【石〓膏】〔歴史的かな遣い〕せきかう🔗🔉

せっこう【石〓膏】〔歴史的かな遣い〕せきかう 〔鉱物〕成層岩や粘土層の中に層をなして産する板状または柱状をした白色の結晶。主成分は含水硫酸カルシウム。セメントの混材、肥料、白色顔料のほか、焼いて焼石膏として美術・工芸用に使う。 《シソーラス》

学研国語大辞典 ページ 4996 での石〓膏歴史的かな遣い単語。