複数辞典一括検索+

かみ【紙】🔗🔉

かみ【紙】 おもに植物性の繊維をすいて作った薄いもの。白または白に近い色のものが多い。絵・文字などをかいたり、物を包んだりするのに用いる。洋紙・和紙などがある。ペーパー。 《参考》 最近では合成繊維を原料とするものもある。 ⓐ「一枚…」と数える。また、洋紙一〇〇〇枚を一単位として「一連(イチレン)…」、和紙二〇〇〇枚を一単位として「一締(ヒトシメ)…」と数える。 薄い物・破れやすいものの代表として、比喩に用いられる。「紙ひとえ」 じゃんけんで、指を全部開いて出すもの。ぱあ。《対語》はさみ《シソーラス》

学研国語大辞典 ページ 1749 での単語。