複数辞典一括検索+

しが なおや【志賀 直哉】🔗🔉

しが なおや【志賀 直哉】 (明治一六〜昭和四六) 小説家。宮城県生。東大国文科中退。大正期文学の代表的作家。武者小路実篤らと「白樺」を創刊。強い自我を貫く性格と鋭い感覚・神経を持ち、的確できびしい文体で数多くの作品を発表して、小説の神様と言われた。昭和二四年文化勲章受章。 ◆「*網走まで」(明四三発表)、「*母の死と新しい母」「*正義派」(明四五発表)、「*清兵衛と瓢箪」(大二発表)、「*城の崎にて」「*好人物の夫婦」「*赤西蠣太」(大六発表)、「*流行感冒」(大八発表)、「*小僧の神様」「*焚火」「*真鶴」(大九発表)、「*暗夜行路」(大一〇〜昭一二発表)、「*雨蛙」(大一三発表)、「*万暦赤絵」(昭八発表)、「灰色の月」(昭二一発表) 暗夜行路 白樺 志賀直哉 城崎温泉_志賀直哉 大山_志賀直哉

学研国語大辞典 ページ 10769 での志賀 直哉単語。