複数辞典一括検索+

おおえ けんざぶろう【大江 健三郎】🔗🔉

おおえ けんざぶろう【大江 健三郎】 (昭和一〇〜) 小説家。愛媛県生。東大仏文科卒。戦後世代を代表する作家の一人。叙情性と豊かなイメージを含む文体で、政治と性の問題を中心に現代社会を鋭く追究する。平成六年ノーベル文学賞受賞。 ◆「死者の奢(オコ゛)り」(昭三二発表)、「*飼育」(昭三三発表・芥川賞)、「芽むしり仔こ撃ち」(昭三三発表)、「われらの時代」(昭三四刊)、「個人的な体験」(昭三九発表・新潮社文学賞)、「万延元年のフットボール」(昭四二発表・谷崎賞)、「洪水はわが魂に及び」(昭四八刊・野間文芸賞) 大江健三郎

学研国語大辞典 ページ 10756 での大江 健三郎単語。