複数辞典一括検索+

あくたがわ りゅうのすけ【芥川 竜之介】🔗🔉

あくたがわ りゅうのすけ【芥川 竜之介】 (明治二五〜昭和二) 小説家。東京生。東大英文科卒。「鼻」で漱石の激賞を受け、文壇に登場。初めは、史実や説話に独自の現代的解釈を加えた短編小説を多く書き、「秋」前後から現代小説に力を注いだ。大正から昭和の転換期に、文学上・思想上の動揺が生じ、自殺。新理知派・新技巧派の代表とされる。 ◆「*羅生門」(大四発表)、「*鼻」「*芋粥」「*煙草と悪魔」(大五発表)、「*戯作三昧」「*偸盗」(大六発表)、「*奉教人の死」「*枯野抄」「*地獄変」「*蜘蛛の糸」(大七発表)、「*蜜柑」「*きりしとほろ上人伝」「*あの頃の自分の事」(大八発表)、「*杜子春」「*秋」「*南京の基督」「*鼠小僧次郎吉」「*舞踏会」「*老いたる素戔嗚尊」(大九発表)、「*トロッコ」「*藪の中」「*お富の貞操」「*神神の微笑」「*庭」「*六の宮の姫君」「*漱石山房の冬」(大一一発表)、「春服(*わが散文詩)」(大一二刊)、「*侏儒の言葉」(大一二〜一四発表)、「*一塊の土」(大一三発表)、「*河童」「*或阿呆の一生」「*玄鶴山房」「*歯車」(昭二発表) 芋粥 芥川竜之介

学研国語大辞典 ページ 10747 での芥川 竜之介単語。