複数辞典一括検索+

ゆえんさい ていりゅう【油煙斎 貞柳】🔗🔉

ゆえんさい ていりゅう【油煙斎 貞柳】 承応三年(1654)〜享保十九年(1734)。江戸前期の狂歌師。本名、永田善八。別号鯛屋(タイヤ)など。大坂の人で菓子商、「鯛屋」はその屋号。紀海音(キノカイオン)の兄。元禄・享保期の上方狂歌壇の第一人者で、雅俗を巧みに融合させた平易な作風は「浪花(ナニワ)ぶり」と称された。家集『家づと』『置(オキ)みやげ』など。 〔古典文学辞典 人名編〕

学研古語辞典 ページ 2335 での油煙斎 貞柳単語。