複数辞典一括検索+

いしかわのいらつめ【石川郎女】🔗🔉

いしかわのいらつめ【石川郎女】 生没年未詳。奈良時代の女流歌人。『万葉集』には、石川郎女(女郎)が詠んだとする歌が八首見え、同名の四人ないし六人の作者がいるとみられるが、有名なのは草壁皇子(クサカヘ゛ノミコ)の求愛を退け、大津皇子(オオツノミコ)と贈答歌のある人。字(アサ゛ナ)は大名児(オオナコ゛)。 〔古典文学辞典 人名編〕 《和歌一覧》

学研古語辞典 ページ 2200 での石川郎女単語。