複数辞典一括検索+

いはそそ・く【石注く・岩注く】〔現代かな遣い〕いわそそく🔗🔉

いはそそ・く【石注く・岩注く】〔現代かな遣い〕いわそそく 《自動詞・カ行四段活用》活用形(波が)岩に打ちかかる。。 《万葉集・一三八八》 「いはそそく岸の浦廻(ウラミ)に寄する波」 《訳》 岩に打ちかかってがけの入り組んだ海岸に寄せる波。 ❷岩の上に流れかかる。新古今和歌集・春上》 「いはそそく垂水(タルミ)の上の」 《訳》 岩の上に流れかかる滝のほとりの。

学研古語辞典 ページ 175 での石注く現代かな遣い単語。