複数辞典一括検索+

いしやまでら【石山寺】《寺社名》🔗🔉

いしやまでら【石山寺】《寺社名》 近江(オウミ)の国石山(=今の滋賀県大津市石山)にある真言宗の寺。天平勝宝年間(七五〇〜七五九)、聖武(シヨウム)天皇の勅により良弁(ロウヘ゛ン)が開基。本尊は如意輪(ニヨイリン)観音。平安時代に観音信仰が高まり、天皇をはじめ貴族の参詣(サンケイ)が盛んであった。紫式部が『源氏物語』を書き始めたという「源氏の間」がある。

学研古語辞典 ページ 137 での石山寺単語。