複数辞典一括検索+

いし‐ばし【石橋】🔗🔉

いし‐ばし【石橋】 (1)石でつくった橋。(2)石を飛び飛びに置いて、伝っていくようにしたもの。飛び石。「三十ばかりの女…、―をふみ返して過ぎぬるあとに」〈宇治拾遺・四〉

石橋を叩(たた)いて渡る🔗🔉

石橋を叩(たた)いて渡る 堅固に見える石橋でも、なお、安全を確かめてから渡る。用心の上にも用心深く物事を行うことのたとえ。

いしばし【石橋】🔗🔉

いしばし【石橋】 姓氏の一。

いしばし‐しあん【石橋思案】🔗🔉

いしばし‐しあん【石橋思案】一八六七〜一九二七]小説家。横浜の生まれ。本名、助三郎。尾崎紅葉らと硯友社(けんゆうしや)を創立。作品に「乙女心」「わが恋」「京鹿子」など。

いしばし‐たんざん【石橋湛山】🔗🔉

いしばし‐たんざん【石橋湛山】一八八四〜一九七三]政治家。東京の生まれ。東洋経済新報社に入社し、自由主義的立場から普通選挙論などの論陣を張った。第二次大戦後、蔵相・通産相を歴任。昭和三一年(一九五六)石橋内閣を組織したが、三か月足らずで病に倒れ総辞職。中国やソ連との交流促進に尽力。

いしばし‐にんげつ【石橋忍月】🔗🔉

いしばし‐にんげつ【石橋忍月】一八六五〜一九二六]評論家・小説家。福岡の生まれ。本名、友吉。東大在学中から評論を書き、「舞姫」の批評に発した森鴎外との論争は有名。文芸評論家山本健吉の父。

いしばし‐やま【石橋山】🔗🔉

いしばし‐やま【石橋山】 神奈川県小田原市南西部にある山。石橋山の合戦の古戦場。

いしばしやま‐の‐かっせん【石橋山の合戦】🔗🔉

いしばしやま‐の‐かっせん【石橋山の合戦】 治承四年(一一八〇)、源頼朝が伊豆で兵を挙げて石橋山に陣をとったが、平家方の大庭景親(おおばかげちか)らに敗れた戦い。

いわ‐はし【岩橋・△石橋】いは‐🔗🔉

いわ‐はし【岩橋・石橋】いは‐ 《「いわばし」とも》(1)川の浅瀬に飛び石を並べて、人が踏み渡れるようにしたもの。(2)石でつくった橋。いしばし。(3)天然の、橋のような形をしている岩石。(4)「久米(くめ)の岩橋」に同じ。

いわはし‐の【岩橋の・△石橋の】いははし‐🔗🔉

いわはし‐の【岩橋の・石橋の】いははし‐ 〔枕〕飛び石と飛び石との間という意から「間(ま)」「近し」「遠し」にかかる。「―間近き君に恋ひわたるかも」〈万・五九七〉「―遠き心は思ほえぬかも」〈万・二七〇一〉

しゃっきょう【石橋】シヤクケウ🔗🔉

しゃっきょう【石橋】シヤクケウ 謡曲。五番目物。寂昭法師が入唐して清涼山の石橋に行くと、童子が現れ、橋のいわれを語って消える。やがて、文殊菩薩(もんじゆぼさつ)に仕える獅子(しし)が現れて牡丹(ぼたん)の花に狂い舞う。

しゃっきょう‐もの【石橋物】シヤクケウ‐🔗🔉

しゃっきょう‐もの【石橋物】シヤクケウ‐ 歌舞伎舞踊の一系統で、能の「石橋」に取材したもの。「相生獅子(あいおいじし)」「執着獅子(しゆうじやくじし)」「連獅子」「鏡獅子」など。獅子物。

せっ‐きょう【石橋】セキケウ🔗🔉

せっ‐きょう【石橋】セキケウ 石造りの橋。いしばし。

大辞泉石橋で始まるの検索結果 1-13