いし【石】🔗🔉

いし【石】 (1)岩石の小片。岩よりも小さく、砂よりも大きなもの。(2)広く、岩石・鉱石のこと。「―の置物」「―の橋」(3)土木工事や建築などに使う石材。「山から―を切り出す」(4)宝石や、時計の部品に用いる鉱石、ライターの発火合金などの俗な言い方。(5)碁石。「―を打つ」(6)胆石。結石。(7)硯(すずり)石。(8)墓石。(9)じゃんけんで、握りこぶしで示す形。ぐう。→石拳(いしけん)(10)紋所の名。四つ石、丸に一つ石、石畳車(いしだたみぐるま)などがある。(11)かたい、冷たい、無情なもののたとえ。「―のように黙りこむ」「―のように動かない」(12)劣ったもののたとえ。「数が多ければ玉もあるし―もある」(13)石だたみ。敷石。「ひとりなるわが身の影をあゆまする―のうえ」〈達治・甃のうへ〉(14)石御器(いしごき)のこと。茶碗。「此の―できゅっとやらんせ」〈浄・妹背山〉 [類語]((1))石ころ・石くれ・小石・礫(れき)・石礫(せきれき)・礫石(れきせき)・石塊(せつかい)・転石(てんせき)・砂利(じやり)・砕石・ごろた・つぶて

石が流れて木の葉が沈む🔗🔉

石が流れて木の葉が沈む 《「新語」弁惑から》物事が道理と逆になることのたとえ。

石で手を詰・める🔗🔉

石で手を詰・める 動きがとれない。進退きわまる。「石で手詰めた貧の病」〈浄・忠臣講釈〉

石に齧(かじ)りついても🔗🔉

石に齧(かじ)りついても どんな苦労をしてもがまんして。是が非でも。「―やり遂げたい」

石に灸(きゆう)🔗🔉

石に灸(きゆう) 効き目のないことのたとえ。石に針。

石に漱(くちすす)ぎ流れに枕(まくら)す🔗🔉

石に漱(くちすす)ぎ流れに枕(まくら)す 負け惜しみの強いことのたとえ。また、屁(へ)理屈をつけて言い逃れることのたとえ。晋(しん)の孫楚(そんそ)が「石に枕し流れに漱ぐ」というべきところを「石に漱ぎ流れに枕す」と誤り、「石に漱ぐ」とは歯を磨くこと、「流れに枕す」とは耳を洗うことだとこじつけたという、「晋書」孫楚伝の故事による。漱石枕流(そうせきちんりゆう)

石に立つ矢🔗🔉

石に立つ矢 一念を込めてやれば、どんなことでもできることをいうたとえ。漢の李広が石を虎と見誤って矢を射たところ、矢が石に立ったという「史記」李広伝の故事による。

石に針🔗🔉

石に針石に灸(きゆう)」に同じ。

石に布団は着せられず🔗🔉

石に布団は着せられず 「石」は墓石の意で、親が死んでからでは孝行はできないことをいうたとえ。孝行のしたい時分に親はなし。

石に枕(まくら)し流れに漱(くちすす)ぐ🔗🔉

石に枕(まくら)し流れに漱(くちすす)ぐ 《「蜀志」彭伝から》俗世間から遠ざかって山林に隠れ住み、自由な生活をする。

石の上にも三年🔗🔉

石の上にも三年 冷たい石の上でも三年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。

石を抱(いだ)きて淵(ふち)に入(い)る🔗🔉

石を抱(いだ)きて淵(ふち)に入(い)る 《「韓詩外伝」三から》むやみに危険をおかすこと、意味なく自分の命を捨てることのたとえ。石を抱きて淵に臨(のぞ)む。

いしな‐どり【石な取り】🔗🔉

いしな‐どり【石な取り】石子(いしなご)」に同じ。「碁、双六(すぐろく)うたせ、偏(へん)をつがせ、―をせさせて」〈栄花・月の宴〉

いし‐の‐あぶら【石の油】🔗🔉

いし‐の‐あぶら【石の油】 石油(せきゆ)のこと。

いし‐の‐おび【石の帯】🔗🔉

いし‐の‐おび【石の帯】 ⇨せきたい(石帯)

いし‐の‐ち【石の乳】🔗🔉

いし‐の‐ち【石の乳】 鍾乳(しようにゆう)石の古名。〈和名抄〉

いし‐の‐ひ【石の火】🔗🔉

いし‐の‐ひ【石の火】 (1)火打ち石をこすって出す火。また、瞬間的なもの、はかないもののたとえ。「―よりもまだはかないは人の命でござる」〈虎寛狂・布施無経〉(2)石から出ると考えられた火。「春のわらびに雪消え、―に氷解く」〈宇津保・春日詣〉

いし‐の‐ま【石の間】🔗🔉

いし‐の‐ま【石の間】 権現(ごんげん)造りの神社で、本殿と拝殿を結ぶ石敷きの部分。相(あい)の間。

いしのま‐づくり【石の間造(り)】🔗🔉

いしのま‐づくり【石の間造(り)】権現造り」に同じ。

いわ‐が‐ね【岩が根・△石が根】いは‐🔗🔉

いわ‐が‐ね【岩が根・石が根】いは‐ (1)イラクサ科の落葉低木。暖地に自生し、高さ約二メートル。枝は斜めに伸び、暗紫色。葉は長楕円形で先がとがり、縁にぎざぎざがある。雌雄異株。小花が球状に群がってつく。胡椒木(こしようぼく)。やぶまお。かわしろ。(2)《「ね」は大地に固定しているもの、の意》大岩。岩根。「―のこごしき山に入りそめて山なつかしみ出でかてぬかも」〈万・一三三二〉

かめ‐の‐て【×亀の手・石=🔗🔉

かめ‐の‐て【×亀の手・石 ミョウガガイ科の甲殻類。海岸の岩の割れ目などに群生。全長四センチくらい。頭状部は大小の爪状をした石灰質の殻板からなり、柄部は円筒形で肉質。満潮時に殻板の間から蔓脚(つるあし)を伸ばし、餌を集める。

こく【石・×斛】🔗🔉

こく【石・×斛】 (1)尺貫法で、体積の単位。主に穀物を量るのに用いる。一石は一〇斗で、一八〇・三九リツトル。魁(さか)。(2)和船の積載量の単位。一石は一〇立方尺。(3)木材の容積量の単位。一石は一〇立方尺で、約〇・二七八立方メートル。(4)大名・武家の知行高を表す語。玄米で量り、一石の内容は(1)に同じ。

せ【石=花・石=🔗🔉

せ【石花・石 カメノテの古称。せい。〈和名抄〉

せき【石】🔗🔉

せき【石】 〔接尾〕助数詞。(1)腕時計などの軸受けにする宝石を数えるのに用いる。「二七―の時計」(2)電気製品でトランジスター・ダイオードなどを数えるのに用いる。

せっ‐きょう【石×】セキケフ🔗🔉

せっ‐きょう【石×セキケフ カメノテの別名。

たん‐せき【×石・担石】🔗🔉

たん‐せき【×石・担石】 《「石」は古代中国で容量をはかる単位。「」は二石、「担」は一石》わずかな量の米穀。転じて、わずかなこと、ささいなこと。

石の貯(たくわ)え🔗🔉

石の貯(たくわ)え わずかな米穀の貯え。わずかな貯え。石の儲(もう)け。

石の禄(ろく)🔗🔉

石の禄(ろく) わずかな給料。

はったい‐いし【×石】🔗🔉

はったい‐いし【×石】 ⇨子持ち石(2)

まぐさ‐いし【×石】🔗🔉

まぐさ‐いし【×石】 窓・出入り口の上に水平に渡した石。

よ‐せき【×石】🔗🔉

よ‐せき【×石】 砒素(ひそ)を含む鉱物の一。猛毒。

🔗🔉

[音]セキ    シャク    コク    タン [訓]いし [部首]石 [総画数]5 [コード]区点    3248      JIS   4050      S‐JIS 90CE [分類]常用漢字 [難読語] →あお‐さ【石蓴】あかし【明石】あじ‐いし【庵治石】あわび【鮑・鰒・石決明】いさご‐むし【沙虫・石蚕】いさわ‐おんせん【石和温泉】いし‐うら【石占】いし‐がけ【石崖・石垣】いし‐き【石城・石槨】いし‐く【石工】いし‐くれ【石塊】いしこりどめ‐の‐みこと【石凝姥命・伊斯許理度売命】いし‐ころ【石塊】いし‐つつ【石槌】いし‐なぎ【石投】いし‐なご【石子】いしのまき【石巻】いし‐ばし【石階】いしべ【石部】いし‐もち【石持・石首魚】いずし【出石】いそのかみ【石上】いそ‐まくら【磯枕・石枕】いたび‐かずら【崖石榴】いろう‐ざき【石廊崎】いわ‐い【岩井・石井】いわ‐き【岩木・石木】いわ‐き【岩城・石城】いわしみず【石清水】いわ‐せ【岩瀬・石瀬】いわ‐とこ【石床・磐床】いわみ【石見】いわ‐や【岩屋・石屋・窟】うぐい【・石斑魚】うまず‐め【不生女・石女】おもし【重し・重石】かせ【甲・石陰子】かむり‐いし【冠石】かめ‐の‐て【亀の手・石きん‐ぐち【金石魚】くさびら‐いし【草片石・石芝】ごいし‐しじみ【碁石小灰蝶】こうご‐いし【神籠石】ごり【鮴・石伏魚】ざく‐ろ【石榴・柘榴】ささら‐いし【細石】さざれ‐いし【細石】さざれ‐し【細石】さすが【流石・遉】サボン【フランスsavon】しき‐いし【敷石・舗石・鋪石】じゃくおう‐じ【石王寺】しゃく‐とう【積塔・石塔】しゃくなげ【石南花・石楠花】じゃく‐ろ【石榴・柘榴】しゃ‐せき【砂石・沙石】ずん‐ばい【飄石】せ【石花・石せき‐がん【石龕】せき‐さん【石蒜】せき‐ひ【石匕】せき‐りょう【石竜】せっ‐きょう【石せ‐の‐うみ【石花海】せんごく‐どおし【千石通し・千石たん‐せき【石・担石】ちゅう‐じゃく【鍮石】ちょうろぎ【草石蚕】ちょろぎ【草石蚕】つばき【椿・山茶・海石榴】つわ‐ぶき【吾・・石蕗】とかげ【蜥蜴・・石竜子】とび‐けら【飛螻蛄・石蚕】なめ‐いし【大理石】はったい‐いし【石】ばん‐じゃく【磐石・盤石】ひざら‐がい【火皿貝・石鼈・膝皿貝】まぐさ‐いし【石】よ‐せき【石】りゅうしゃく‐じ【立石寺】ろ‐せき【鹵石】

大辞泉で始まるの検索結果 1-32もっと読み込む