複数辞典一括検索+

いし【石】🔗🔉

いし【石】 (1)岩石の小片。岩よりも小さく、砂よりも大きなもの。(2)広く、岩石・鉱石のこと。「―の置物」「―の橋」(3)土木工事や建築などに使う石材。「山から―を切り出す」(4)宝石や、時計の部品に用いる鉱石、ライターの発火合金などの俗な言い方。(5)碁石。「―を打つ」(6)胆石。結石。(7)硯(すずり)石。(8)墓石。(9)じゃんけんで、握りこぶしで示す形。ぐう。→石拳(いしけん)(10)紋所の名。四つ石、丸に一つ石、石畳車(いしだたみぐるま)などがある。(11)かたい、冷たい、無情なもののたとえ。「―のように黙りこむ」「―のように動かない」(12)劣ったもののたとえ。「数が多ければ玉もあるし―もある」(13)石だたみ。敷石。「ひとりなるわが身の影をあゆまする―のうえ」〈達治・甃のうへ〉(14)石御器(いしごき)のこと。茶碗。「此の―できゅっとやらんせ」〈浄・妹背山〉 [類語]((1))石ころ・石くれ・小石・礫(れき)・石礫(せきれき)・礫石(れきせき)・石塊(せつかい)・転石(てんせき)・砂利(じやり)・砕石・ごろた・つぶて

石が流れて木の葉が沈む🔗🔉

石が流れて木の葉が沈む 《「新語」弁惑から》物事が道理と逆になることのたとえ。

石で手を詰・める🔗🔉

石で手を詰・める 動きがとれない。進退きわまる。「石で手詰めた貧の病」〈浄・忠臣講釈〉

石に齧(かじ)りついても🔗🔉

石に齧(かじ)りついても どんな苦労をしてもがまんして。是が非でも。「―やり遂げたい」

石に灸(きゆう)🔗🔉

石に灸(きゆう) 効き目のないことのたとえ。石に針。

石に漱(くちすす)ぎ流れに枕(まくら)す🔗🔉

石に漱(くちすす)ぎ流れに枕(まくら)す 負け惜しみの強いことのたとえ。また、屁(へ)理屈をつけて言い逃れることのたとえ。晋(しん)の孫楚(そんそ)が「石に枕し流れに漱ぐ」というべきところを「石に漱ぎ流れに枕す」と誤り、「石に漱ぐ」とは歯を磨くこと、「流れに枕す」とは耳を洗うことだとこじつけたという、「晋書」孫楚伝の故事による。漱石枕流(そうせきちんりゆう)

石に立つ矢🔗🔉

石に立つ矢 一念を込めてやれば、どんなことでもできることをいうたとえ。漢の李広が石を虎と見誤って矢を射たところ、矢が石に立ったという「史記」李広伝の故事による。

大辞泉 ページ 787