複数辞典一括検索+

いしばい‐の‐だん【石灰の壇】いしばひ‐🔗🔉

いしばい‐の‐だん【石灰の壇】いしばひ‐ 清涼殿の東庇(ひがしびさし)の南端にあり、土を盛り上げ、石灰で塗り固めて板敷きと同じ高さにしてあった壇。天皇が毎朝、伊勢神宮と内侍所(ないしどころ)を拝した所。石灰の間(ま)

大辞泉 ページ 808 での石灰の壇単語。