複数辞典一括検索+

いし‐つつ【石×槌】🔗🔉

いし‐つつ【石×槌】 古代の剣の一。柄頭(つかがしら)を石でつくったものという。「久米の子が頭椎(くぶつつ)い―いもち撃ちてし止まむ」〈記・中・歌謡〉◆用例の「頭椎い」「石槌い」の「い」は上代の副助詞。

大辞泉 ページ 806 での石槌単語。