複数辞典一括検索+

大辞林の検索結果 (3)

せき-ぼく【石墨】🔗🔉

せき-ぼく [0] 【石墨】 炭素からなる黒色の鉱物。六方晶系。通常は土状・粉状で,はっきりした結晶形を示さない。 →黒鉛(コクエン)

せきぼく-へんがん【石墨片岩】🔗🔉

せきぼく-へんがん [5] 【石墨片岩】 石墨を比較的多く含む黒色の結晶片岩。原岩は泥質の堆積岩と考えられる。

せきぼく【石墨】(和英)🔗🔉

せきぼく【石墨】 《鉱》graphite.→英和

大辞泉の検索結果 (2)

せき‐ぼく【石墨】🔗🔉

せき‐ぼく【石墨】 炭素からなる鉱物。黒色で金属光沢があり、軟らかい。六方晶系。電極、鉛筆の芯(しん)や、原子炉の中性子の減速材などに用いる。グラファイト。黒鉛(こくえん)

せきぼく‐へんがん【石墨片岩】🔗🔉

せきぼく‐へんがん【石墨片岩】 変成岩の一。多量の石墨を含む黒色の結晶片岩。石英・長石・絹雲母なども含み、薄くはがれやすい。

日本国語大辞典の検索結果 (2)

せき‐ぼく【石墨】🔗🔉

せき‐ぼく【石墨】 1 炭素の同素体の一つ。化学名は黒鉛。天然のものと、人造のものとがある。六方晶系結晶。黒ないし鋼灰色の金属光沢をもつ。耐熱性・耐衝撃性・耐食性にすぐれ、電気や熱の伝導性がよい。各種の電気機器材料、黒鉛るつぼ、耐火煉瓦、鉛筆の芯などとして広く用いられる。グラファイト。 2 石炭の異称。

せきぼく‐へんがん【石墨片岩】🔗🔉

せきぼく‐へんがん【石墨片岩】 石墨を含む結晶片岩。黒色ではがれやすく、石英・長石・絹雲母などからなる。

大辞林+大辞泉+日本国語大辞典石墨で始まるの検索結果。