複数辞典一括検索+

いし-ばし【石橋】🔗🔉

いし-ばし [0] 【石橋】 石で造った橋。石の橋。

いしばし=を叩(タタ)いて渡る🔗🔉

――を叩(タタ)いて渡る 〔堅固な石橋を,さらにたたいて安全を確かめてから渡る意〕 用心の上にも用心をする。

いしばし【石橋】🔗🔉

いしばし 【石橋】 栃木県南部,下都賀(シモツガ)郡の町。日光街道の宿駅で,かんぴょうを生産。

いしばし【石橋】🔗🔉

いしばし 【石橋】 姓氏の一。

いしばし-しあん【石橋思案】🔗🔉

いしばし-しあん 【石橋思案】 (1867-1927) 小説家。横浜市生まれ。本名,助三郎。東大中退。尾崎紅葉・山田美妙らと硯友社を興す。今様春水と評され,「仇桜遊里廼夜嵐」「乙女心」「京鹿子」など人情本的な恋愛小説を書いた。

いしばし-しょうじろう【石橋正二郎】🔗🔉

いしばし-しょうじろう ―シヤウジラウ 【石橋正二郎】 (1889-1976) 実業家。福岡県生まれ。地下足袋の発明から事業を起こし,国産タイヤ生産に着手しブリヂストンを育てる。

いしばし-たんざん【石橋湛山】🔗🔉

いしばし-たんざん 【石橋湛山】 (1884-1973) 政治家。東京生まれ。早大哲学科卒。東洋経済新報社社長を経て,第二次大戦後第一次吉田内閣蔵相。1956年(昭和31)自由民主党総裁となり,内閣を組織したが,病に倒れ三か月足らずで辞職。日中・日ソ交流促進に尽力。

いしばし-にんげつ【石橋忍月】🔗🔉

いしばし-にんげつ 【石橋忍月】 (1865-1926) 評論家・小説家。筑後の人。本名,友吉。東大卒。内田魯庵と並ぶ明治20年代の代表的な批評家。森鴎外との論争で知られる。小説「露子姫」,「石橋忍月評論集」など。

いしばしやま-の-たたかい【石橋山の戦い】🔗🔉

いしばしやま-の-たたかい ―タタカヒ 【石橋山の戦い】 1180年8月,小田原市南部の石橋山で行われた源頼朝挙兵後最初の合戦。平家方の大庭景親らの軍に大敗し,頼朝は再挙のため一時安房(アワ)に逃れた。

いわ-はし【岩橋・石橋】🔗🔉

いわ-はし イハ― 【岩橋・石橋】 〔「いわばし」とも〕 (1)川を渡るために置かれた飛び石。「上つ瀬に―渡し下つ瀬に打橋渡す/万葉 196」 (2)石でできた橋。「くれゆけばこの下くらき―の/夫木 21」 (3)役小角(エンノオヅノ)が葛城山の神に命じてかけさせようとした石橋。容貌の醜い葛城神が昼間働くことを嫌ったので完成しなかったことから,男女の仲が中途で絶えることをいう。「―のよるの契も絶えぬべし明くるわびしきかづらきの神/拾遺(雑賀)」

しゃっきょう【石橋】🔗🔉

しゃっきょう シヤクケウ 【石橋】 能の一。五番目物。作者未詳。出家した大江定基が入唐して清涼山の石橋で童子に会う。童子は橋のいわれと文殊の浄土の奇特を教えて去る。やがて,獅子が現れ,牡丹の花に戯れながら壮絶華麗な舞をみせる。

しゃっきょう-もの【石橋物】🔗🔉

しゃっきょう-もの シヤクケウ― [0] 【石橋物】 能の「石橋」を舞踊化した歌舞伎舞踊。古いものには「相生獅子(アイオイジシ)」や「枕獅子」があり,前ジテ・後ジテとも女方が優雅に舞うが,立役が踊るようになってから「連獅子」や「鏡獅子」のように後ジテの勇壮な舞があらわれた。

いしばし【石橋】(和英)🔗🔉

いしばし【石橋】 a stone bridge.〜を叩いて渡る be extremely prudent[cautious];look before one leaps.

大辞林石橋で始まるの検索結果 1-13