いし【石】🔗🔉

いし [2] 【石】 (1)鉱物質の塊。岩より小さく,砂より大きいもの。礫(レキ)。「―につまずく」 (2)岩石・鉱石,また,石材などの総称。「―を切り出す」 (3)各種の宝石や鉱物の加工品。宝石・碁石・硯(スズリ)石・墓石やライターの発火合金など。また,時計の軸受けに用いる宝石。 (4)結石(ケツセキ)のこと。 (5)トランジスターや IC などの俗称。 (6)じゃんけんの手の一。握り拳(コブシ)で示す。ぐう。 (7)冷たいもの,硬いもの,寡黙なもの,非情なものをたとえていう。「―のようにおしだまる」 (8)〔「石御器(イシゴキ)」の略〕 茶碗。「この―できゆつとやらんせ/浄瑠璃・妹背山」

いし=が流れて木の葉が沈む🔗🔉

――が流れて木の葉が沈む 〔新語(弁惑)〕 物事が道理と逆であることのたとえ。

いし=で手を詰・める🔗🔉

――で手を詰・める 進退窮まる。動きがとれない。

いし=に齧(カジ)りついても🔗🔉

――に齧(カジ)りついても どんな苦労をしても。どんな困難があっても耐えて。「―やり抜く覚悟です」

いし=に灸(キユウ)🔗🔉

――に灸(キユウ) 効き目のない事のたとえ。石に針。糠(ヌカ)に釘。

いし=に漱(クチスス)ぎ流れに枕(マクラ)す🔗🔉

――に漱(クチスス)ぎ流れに枕(マクラ)す 屁理屈を並べ負け惜しみの強いことのたとえ。漱石枕流(ソウセキチンリユウ)。 〔「世説新語(排調)」にある故事から出た句。晋(シン)の孫楚(ソンソ)が,「石に枕し流れに漱ぐ」と言うべきところを誤って「石に漱ぎ流れに枕す」と言ってしまい,とがめられると,石に漱ぐのは歯を磨くため,流れに枕するのは耳を洗うためだ,と言ってごまかしたという〕

いし=に立つ矢🔗🔉

――に立つ矢 〔「韓詩外伝」の楚の熊渠子(ユウキヨシ)の話や,「史記(李広伝)」の,虎と見誤って石を射たところ矢は石を射通した,という故事から〕 心をこめて事にあたれば,どんな難事でも成就するというたとえ。念力岩を通す。

いし=に針🔗🔉

――に針 「石に灸(キユウ)」に同じ。

いし=に布団(フトン)は着せられず🔗🔉

――に布団(フトン)は着せられず 墓石に布団をかけてもむだである。親の生きているうちに孝行をしておかなければ,その死後に後悔をしてもまにあわない。孝行をしたいときには親はなし。

いし=に枕(マクラ)し流れに漱(クチスス)ぐ🔗🔉

――に枕(マクラ)し流れに漱(クチスス)ぐ 〔蜀書(彭羕伝)「枕レ石漱レ流」〕 山水の間にかくれ住んで,自由な生活をすることのたとえ。

いし=の上にも三年🔗🔉

――の上にも三年 〔冷たい石の上でも三年も居れば暖かになるという意から〕 辛抱していれば,やがては成功するものだ。忍耐力が大切なことのたとえ。

いし=を抱(イダ)きて淵(フチ)に入る🔗🔉

――を抱(イダ)きて淵(フチ)に入る 〔韓詩外伝〕 危険が大きいこと,みずから進んで危難を招くことのたとえ。

いし-い【石井】🔗🔉

いし-い ―ヰ 【石井】 岩間からわく水。また,石で囲んである井戸。「―のもとにて物いひける人の/古今(離別)」

いしい【石井】🔗🔉

いしい イシヰ 【石井】 徳島県北東部,名西郡の町。徳島市の西に接する。近世は藍の産地。国分尼寺跡がある。

いしい【石井】🔗🔉

いしい イシヰ 【石井】 姓氏の一。

いしい-きくじろう【石井菊次郎】🔗🔉

いしい-きくじろう イシヰキクジラウ 【石井菊次郎】 (1866-1945) 外交官・政治家。千葉県生まれ。東大卒。1915年(大正4)外相。石井‐ランシング協定を結び,27年(昭和2)にはジュネーブ軍縮会議全権となった。

いしい-じゅうじ【石井十次】🔗🔉

いしい-じゅうじ イシヰジフジ 【石井十次】 (1865-1914) 社会事業家。宮崎県生まれ。岡山に孤児院を開設し,また大阪に友愛社を興して貧者の子の保護教育事業に尽力。

いしい-つるぞう【石井鶴三】🔗🔉

いしい-つるぞう イシヰツルザウ 【石井鶴三】 (1887-1973) 彫刻家・洋画家・版画家。東京生まれ。東京美校卒。柏亭の弟。彫刻は写実的で堅実味のある作風が特徴。洋画・版画でも活躍,「大菩薩峠」などの挿絵もかいた。

いしい-ばく【石井漠】🔗🔉

いしい-ばく イシヰ― 【石井漠】 (1886-1962) 舞踊家。本名,忠純。秋田県生まれ。帝国劇場・浅草オペラなどに出演。欧米巡演後,創作舞踊に独自の境地を示し,日本の現代舞踊の発展に寄与。

いしい-はくてい【石井柏亭】🔗🔉

いしい-はくてい イシヰ― 【石井柏亭】 (1882-1958) 洋画家。東京生まれ。本名,満吉。鶴三の兄。同志とともに「方寸」刊行,また二科会を創立するなど美術界に貢献。版画・水彩画に優れた。

いしい-ぶたい【石井部隊】🔗🔉

いしい-ぶたい イシヰ― 【石井部隊】 ⇒七三一部隊(ナナサンイチブタイ)

いしい-ランシング-きょうてい【石井―協定】🔗🔉

いしい-ランシング-きょうてい イシヰ―ケフテイ 【石井―協定】 1917年(大正6)11月,大隈内閣の外相(特派大使)石井菊次郎とランシング米国務長官との間で調印された日米共同宣言。米国は日本の中国における特殊権益を承認し,両国は中国の独立,機会均等,門戸開放の尊重を約束した。23年廃棄。

いしい-りゅう【石井流】🔗🔉

いしい-りゅう イシヰリウ 【石井流】 能の大鼓(オオツヅミ)方五流派の一。高安流の流れをくむ。流祖は安土桃山時代の石井庄左衛門滋長(シゲナガ)。

いしい-りょういち【石井亮一】🔗🔉

いしい-りょういち イシヰリヤウイチ 【石井亮一】 (1867-1937) 社会事業家。佐賀県生まれ。築地立教大学校在学中に受洗。滝乃川学園を創設,知的障害児教育に一生をささげた。

いしい-ろげつ【石井露月】🔗🔉

いしい-ろげつ イシヰ― 【石井露月】 (1873-1928) 俳人。秋田県生まれ。本名,祐治。医業のかたわら「俳星」を創刊,日本派を普及した。

いし-いも【石芋】🔗🔉

いし-いも [0] 【石芋】 (1)昔,行脚(アンギヤ)僧が芋を洗う老婆に芋を求めたとき,老婆は惜しんで与えず,かたくて食えない,と言ったところ,以後その地の芋は石のようにかたくなった,という伝説のある芋。行脚僧に弘法大師をあてる所が多い。 (2)オランダ海芋(カイウ)の別名。

いし-ごろも【石衣】🔗🔉

いし-ごろも [3] 【石衣】 こし餡(アン)に水飴(ミズアメ)を加えて練ったものに砂糖の衣をかけた半生菓子。

いしな-どり【石な取り】🔗🔉

いしな-どり 【石な取り】 「石子(イシナゴ)」に同じ。「碁・双六(スゴロク)うたせ,偏をつがせ,―をせさせて/栄花(月の宴)」

いし-の-あぶら【石の油】🔗🔉

いし-の-あぶら 【石の油】 石油(セキユ)の古名。

いし-の-ち【石の乳】🔗🔉

いし-の-ち 【石の乳】 鍾乳石(シヨウニユウセキ)の古名。[和名抄]

いし-の-つらら【石の氷柱】🔗🔉

いし-の-つらら 【石の氷柱】 鍾乳石(シヨウニユウセキ)の古名。石の乳(チ)。

いし-の-ま【石の間】🔗🔉

いし-の-ま [0] 【石の間】 神社建築の相の間で,石敷きのもの。本殿と拝殿をつなぐ。

いしのま-づくり【石の間造り】🔗🔉

いしのま-づくり [5] 【石の間造り】 「権現(ゴンゲン)造り」に同じ。

いわ-い【石井・岩井】🔗🔉

いわ-い イハヰ 【石井・岩井】 岩間のわき水を水汲み場としたもの。「―くむあたりのをざさ玉こえてかつがつ結ぶ秋の夕露/新古今(夏)」

いわ-の-かわ【石の韋】🔗🔉

いわ-の-かわ イハ―カハ 【石の韋】 ヒトツバの古名。

こく【石・斛】🔗🔉

こく [1] 【石・斛】 (1)体積の単位。米穀などを量るのに用いる。一石は一〇斗。約180リットル。かつて,大名・武士の知行高を表すのにも用いた。 (2)和船の積載量,または材木の実体積の単位。一石は一〇立方尺,約0.278立方メートル。「千―船」 (3)サケ・マスの数量の単位。サケは四〇尾,マスは六〇尾を一石とする。

さか【斛・石】🔗🔉

さか 【斛・石】 古代の容積の単位。その大きさは不明。「百(モモ)―の舟隠り入る/万葉 2407」

せき【石】🔗🔉

せき 【石】 (接尾) 助数詞。 (1)腕時計の軸受けなどの宝石を数えるのに用いる。「二一―」 (2)電気製品でトランジスタ・ダイオードなどを数えるのに用いる。

いし【石】(和英)🔗🔉

いし【石】 (a) stone;→英和 a pebble (小石);→英和 a jewel (時計の).→英和 〜の(ような) stony.→英和 〜にかじりついても at any cost.〜の上にも三年 Perseverance brings success.

いしころ【石ころ】(和英)🔗🔉

いしころ【石ころ】 a small stone;a pebble.→英和

大辞林で始まるの検索結果 1-40もっと読み込む