複数辞典一括検索+

げんじものがたり【源氏物語】🔗🔉

げんじものがたり 【源氏物語】 物語。五四帖。紫式部作。一〇〇一〜五年の間に起筆,成立年未詳。巻名と巻序は次のとおり。桐壺(「壺前栽」「かがやく日の宮」とも)・帚木(ハハキギ)・空蝉(ウツセミ)・夕顔・若紫・末摘花(スエツムハナ)・紅葉賀(モミジノガ)・花宴(ハナノエン)・葵・賢木(サカキ)・花散里・須磨・明石(「浦伝(ウラツタイ)」とも)・澪標(ミオツクシ)・蓬生(ヨモギウ)・関屋・絵合・松風・薄雲・朝顔(アサガオ)・乙女(オトメ)(「日影」とも)・玉鬘(タマカズラ)・初音・胡蝶・蛍・常夏(トコナツ)・篝火(カガリビ)・野分(ノワキ)・行幸(ミユキ)・藤袴・真木柱・梅枝・藤裏葉・若菜上(「箱鳥」とも)・若菜下(「諸鬘(モロカズラ)」とも)・柏木・横笛・鈴虫・夕霧・御法(ミノリ)・幻・匂宮(ニオウノミヤ)(「匂兵部卿」「薫中将」とも)・紅梅・竹河・橋姫(「優婆塞(ウバソク)」とも)・椎本(シイガモト)・総角(アゲマキ)・早蕨(サワラビ)・宿木(「貌鳥(カオドリ)」とも)・東屋(「狭蓆(サムシロ)」とも)・浮舟・蜻蛉(カゲロウ)・手習・夢浮橋(「法の師」とも)。「幻」の次に「雲隠」の巻があったとも言われているが,巻名だけで本文は伝わっていない。「幻」までは,多くの女性との交渉を中心に光源氏の栄華と苦悩の生涯を描く。「匂宮」から「竹河」の三帖をつなぎとして,「橋姫」以下の一〇帖(特に「宇治十帖」と呼ぶ)は,舞台を洛外に移して,薫・匂宮と宇治の姫君たちとの恋愛,そしてその悲劇を綴る。構成・心理描写・自然描写に優れ,物語文学の最高峰とされる。後世の文学に及ぼした影響はきわめて大きい。古くは「源氏の物語」「光源氏物語」「紫の物語」などと呼ばれた。

げんじものがたり-えまき【源氏物語絵巻】🔗🔉

げんじものがたり-えまき ―ヱ― [9] 【源氏物語絵巻】 源氏物語を主題にした絵巻物。平安時代以降数多く作られ,現存するものでは伝藤原隆能(タカヨシ)筆とする極彩色のもの(徳川黎明会・五島美術館蔵)が有名。1120〜40年の作といわれ,「引目鉤鼻(カギバナ)」の技法を用いている。

げんじものがたり-おくいり【源氏物語奥入】🔗🔉

げんじものがたり-おくいり 【源氏物語奥入】 ⇒奥入(オクイリ)

げんじものがたり-たまのおぐし【源氏物語玉の小櫛】🔗🔉

げんじものがたり-たまのおぐし ―ヲグシ 【源氏物語玉の小櫛】 注釈書。九巻。本居宣長著。1796年成立。源氏物語の本質を「もののあはれ」と見る立場から論じ,旧注を批判的に取捨して注釈を施す。

げんじものがたり-ひょうしゃく【源氏物語評釈】🔗🔉

げんじものがたり-ひょうしゃく ―ヒヤウ― 【源氏物語評釈】 注釈書。一四巻。萩原広道著。1854〜61年刊。「花宴」までを新旧の注約三〇種を折衷して,注釈したもの。

大辞林源氏物語で始まるの検索結果 1-5