複数辞典一括検索+

うがやふきあえず-の-みこと ウガヤフキアヘズ― 【鸕鷀草葺不合尊】🔗🔉

うがやふきあえず-の-みこと ウガヤフキアヘズ― 【鸕鷀草葺不合尊】 記紀神話の神。彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)の子。母は豊玉姫(トヨタマビメ)。神武天皇の父。彦波瀲武(ヒコナギサタケ)鸕鷀草葺不合尊。

うから 【親族】🔗🔉

うから 【親族】 〔上代は「うがら」。「から」は血族集団の意〕 血族。しんぞく。「―おほくにも疎んじられけるを/読本・雨月(浅茅が宿)」

うかり 【浮かり】 (副)🔗🔉

うかり 【浮かり】 (副) 「うっかり」に同じ。「― ―と此所迄,傾城に附添ひござるといふは/歌舞伎・幼稚子敵討」

うかり-ひょん 【浮かりひょん】 (副)🔗🔉

うかり-ひょん 【浮かりひょん】 (副) うっかり。ぽかん。「いかい愚痴(タワケ)のなれの果,―とぞ見えにける/松の葉」

ウガリト-ご [0] 【―語】🔗🔉

ウガリト-ご [0] 【―語】 〔Ugaritic〕 紀元前一四〜一三世紀の粘土板に楔形(クサビガタ)文字で書かれたセム語族の言語。キプロス島の東部,ラス-シャムラの麓にある古代都市ウガリトの遺跡から出土。比較言語学上の定説はまだない。

うか・る [2] 【受かる】 (動ラ五)🔗🔉

うか・る [2] 【受かる】 (動ラ五) (試験などに)合格する。 ⇔落ちる 「入学試験に―・る」 〔主に,話し言葉で用いる〕

うか・る 【浮かる】 (動ラ下二)🔗🔉

うか・る 【浮かる】 (動ラ下二) ⇒うかれる

うかれ [0] 【浮(か)れ】🔗🔉

うかれ [0] 【浮(か)れ】 浮かれること。「…とそでをひかれてきた八すこし―がきて/滑稽本・膝栗毛 7」

うかれ-あるき [4] 【浮(か)れ歩き】🔗🔉

うかれ-あるき [4] 【浮(か)れ歩き】 心が落ち着かず出歩くこと。浮かれて遊び歩くこと。

うかれ-お ―ヲ 【浮かれ男】🔗🔉

うかれ-お ―ヲ 【浮かれ男】 浮かれて遊び歩く男。うかれおとこ。「酒をたしなむ―も/人情本・梅美婦禰(初)」

大辞林 ページ 139241