いわ-かき イハ― 【岩垣】🔗🔉

いわ-かき イハ― 【岩垣】 〔「いわがき」とも〕 (1)岩石が周りを囲んで垣のようになっているところ。「見し人もなき山里の―に/源氏(総角)」 (2)石垣。石の塀。「五月雨に沼の―水こえて/堀河百首」

いわ-がく・る イハ― 【岩隠る】 (動ラ四)🔗🔉

いわ-がく・る イハ― 【岩隠る】 (動ラ四) 〔石城(イワキ)に隠れる意〕 貴人が死ぬ。お隠れになる。「神さぶと―・りますやすみしし我が大君の/万葉 199」

いわ-かげ イハ― [0] 【岩陰】🔗🔉

いわ-かげ イハ― [0] 【岩陰】 岩のかげ。岩の後ろ。

いわかげ-いせき イハ―ヰ― [5] 【岩陰遺跡】🔗🔉

いわかげ-いせき イハ―ヰ― [5] 【岩陰遺跡】 自然の岩陰を利用して作られた住居址などの遺跡。

いわ-かど イハ― [0] 【岩角】🔗🔉

いわ-かど イハ― [0] 【岩角】 岩石のかど。

いわ-がに イハ― [0][2] 【岩蟹】🔗🔉

いわ-がに イハ― [0][2] 【岩蟹】 カニの一種。甲長3センチメートル内外。甲は四角形で,黒褐色の地に黄緑色の文様がある。各地の海岸の岩礁にすむ。アブラガニ。

いわが-ね イハ― [0] 【岩が根】🔗🔉

いわが-ね イハ― [0] 【岩が根】 (1)イラクサ科の落葉小低木。高さ1〜2メートル。 (2)土中に根をおろしたような大きな岩石。いわね。「―の荒き島根に宿りする君/万葉 3688」

いわがね-そう イハ―サウ [0] 【岩が根草】🔗🔉

いわがね-そう イハ―サウ [0] 【岩が根草】 イノモトソウ科の常緑性シダ植物。山地の林中に生える。葉は約80センチメートルで,長い柄がある。葉身は狭卵形で,数対の披針形の羽片に分かれ,最下の羽片はさらに複生する。裏面脈上に線形の胞子嚢(ノウ)群がつく。

いわがね-まくら イハ― 【岩が根枕】🔗🔉

いわがね-まくら イハ― 【岩が根枕】 岩を枕として寝ること。岩枕。

いわ-かべ イハ― [0] 【岩壁】🔗🔉

いわ-かべ イハ― [0] 【岩壁】 壁のように切り立った岩。岩壁(ガンペキ)。

いわ-かん ヰワ― [2] 【違和感】🔗🔉

いわ-かん ヰワ― [2] 【違和感】 周りのものとの関係がちぐはぐで,しっくりしないこと。「―を感じる」

大辞林 ページ 139090