複数辞典一括検索+

――で手を詰・める🔗🔉

――で手を詰・める 進退窮まる。動きがとれない。

――に齧(カジ)りついても🔗🔉

――に齧(カジ)りついても どんな苦労をしても。どんな困難があっても耐えて。「―やり抜く覚悟です」

――に灸(キユウ)🔗🔉

――に灸(キユウ) 効き目のない事のたとえ。石に針。糠(ヌカ)に釘。

――に漱(クチスス)ぎ流れに枕(マクラ)す🔗🔉

――に漱(クチスス)ぎ流れに枕(マクラ)す 屁理屈を並べ負け惜しみの強いことのたとえ。漱石枕流(ソウセキチンリユウ)。 〔「世説新語(排調)」にある故事から出た句。晋(シン)の孫楚(ソンソ)が,「石に枕し流れに漱ぐ」と言うべきところを誤って「石に漱ぎ流れに枕す」と言ってしまい,とがめられると,石に漱ぐのは歯を磨くため,流れに枕するのは耳を洗うためだ,と言ってごまかしたという〕

――に立つ矢🔗🔉

――に立つ矢 〔「韓詩外伝」の楚の熊渠子(ユウキヨシ)の話や,「史記(李広伝)」の,虎と見誤って石を射たところ矢は石を射通した,という故事から〕 心をこめて事にあたれば,どんな難事でも成就するというたとえ。念力岩を通す。

――に針🔗🔉

――に針 「石に灸(キユウ)」に同じ。

――に布団(フトン)は着せられず🔗🔉

――に布団(フトン)は着せられず 墓石に布団をかけてもむだである。親の生きているうちに孝行をしておかなければ,その死後に後悔をしてもまにあわない。孝行をしたいときには親はなし。

――に枕(マクラ)し流れに漱(クチスス)ぐ🔗🔉

――に枕(マクラ)し流れに漱(クチスス)ぐ 〔蜀書(彭羕伝)「枕レ石漱レ流」〕 山水の間にかくれ住んで,自由な生活をすることのたとえ。

――の上にも三年🔗🔉

――の上にも三年 〔冷たい石の上でも三年も居れば暖かになるという意から〕 辛抱していれば,やがては成功するものだ。忍耐力が大切なことのたとえ。

――を抱(イダ)きて淵(フチ)に入る🔗🔉

――を抱(イダ)きて淵(フチ)に入る 〔韓詩外伝〕 危険が大きいこと,みずから進んで危難を招くことのたとえ。

大辞林 ページ 138655