だ (助動)(だろ・だつ(で)・だ・(な)・なら・○)🔗🔉

(助動)(だろ・だつ(で)・だ・(な)・なら・○) 〔「にてあり」から出た「である」が「であ」を経て「だ」となったもの。中世末に東国方言として用いられるようになったという〕 名詞・副詞,ある種の助詞,および体言に準ずるものに接続する。また「だ」の未然形「だろ(う)」と仮定形「なら」とは,動詞・形容詞,助動詞「れる・られる」「せる・させる」「ない」「ぬ」「たい」「た」などの終止・連体形にも付く。さらに,仮定形「なら」だけは助動詞「ます」の終止形にも付く。 (1)断定または指定の意を表す。判断したり強く断定したりする。「彼は学生〈だ〉」「一足す二は三〈だ〉」 (2)事柄を提示するのに用いる。「それは去年の暮れのこと〈だ〉」「話はずっとさかのぼった昔の事〈だ〉が,…」 (3)(「活用語+のだ(んだ)」の形で)(ア)原因・理由・根拠などの説明をする。「校内暴力は,教師と生徒との不信から起こるの〈だ〉」(イ)決意を表す。「絶対ぼくはやめないん〈だ〉」(ウ)相手の行動を指図することを表す。「さあ,早く歩くん〈だ〉」 (4)(終止形を用いて)強く感情をこめた文をつくる。「さあ,勉強〈だ〉」「酒〈だ〉,酒〈だ〉。じゃんじゃん飲もう」 (5)(「お+動詞の連用形+だ」の形で)軽い尊敬の意を表す。「よく聞いておくれ〈だ〉」「口ではそうお言い〈だ〉けれど,内心ではどう思っているか」 (6)終止形は間投助詞的にも用いられる。この場合,助詞「な」「ね」を伴って用いることもある。「われわれは〈だ〉,もっと慎重に〈だ〉,行動すべきなのだ」「この問題は〈だ〉な(=〈だ〉ね),こういうように解くんだ」 〔(1)連体形「な」は一部の形式名詞や「の(ん)」「ので(んで)」「のに」などに連なる時だけに用いられる。「これは悪い事〈な〉のだ」(2)仮定形「なら」は,接続助詞「ば」を伴わないでそれだけで用いられることがある。(ア)文の題目を取り上げる。「山〈なら〉富士の山」「見るだけ〈なら〉かまわない」(イ)仮定の条件を表す。「月曜が休日で連休〈なら〉,泊まりがけで旅行ができる」「君が行く〈なら〉僕も行く」〕

大辞林 ページ 148397 での助動だろ単語。