アスベスト🔗🔉

アスベスト 【英】asbestos 【独】Asbest 【仏】asbeste 《同義語》石綿 天然の繊維状ケイ酸塩鉱物中,商業的に採掘されているものの総称名である.大別すると,カールするセルペンチン系(クリソタイル‐白石綿)と,直線状のアンフィボール系(クロシドライト‐青石綿,アモサイト‐茶石綿など)とがある.その物理・化学的特性(断熱,耐摩耗,安定)が産業革命中に注目され,第二次世界大戦中に飛躍的に消費量が増加した.石綿繊維の直径は毛髪の数千分の一であり,長さにより工業的用途(石綿セメント,パッキング,フィルター,ライニングなど)が異なるが,いずれも肺に吸入される.石綿には職業的に,準職業的(工員の妻ら)に,非職業的(一般市民)に,暴露し,あるいは暴露の可能性がある.石綿による人体影響は多彩であり,石綿肺(アスベスト肺),胸膜肥厚,肺癌,多臓器癌,中皮腫(悪性中皮腫)などの多発が確認されている.現在石綿暴露に関する規制は,世界的に強力に行われている.

アスベスト肺[アスベストハイ]🔗🔉

アスベスト肺[アスベストハイ] 【英】lung asbestosis 【独】Lungenasbestose 【仏】asbestose pulmonaire 【ラ】asbestosis pulmonum 《同義語》石綿肺 十分量のアスベスト吸入により肺に間質性線維化および臓側胸膜に,線維性肥厚が生じたものをいう.他の塵肺症と異なり,胸部X線写真に異常影が出現する前に,聴診上両側肺底部に細かい断続性ラ音を聴取でき早期診断できる.この時期にアスベスト暴露を中断しなければ進行性に経過し,呼吸不全あるいは肺炎などを好発し死亡する.もし緩徐な進行であれば,肺癌を好発する.十分な健康管理を要する疾患である.

南山堂医学大辞典アスベストで始まるの検索結果 1-2