アスベスト🔗🔉

アスベスト 【英】asbestos 【独】Asbest 【仏】asbeste 《同義語》石綿 天然の繊維状ケイ酸塩鉱物中,商業的に採掘されているものの総称名である.大別すると,カールするセルペンチン系(クリソタイル‐白石綿)と,直線状のアンフィボール系(クロシドライト‐青石綿,アモサイト‐茶石綿など)とがある.その物理・化学的特性(断熱,耐摩耗,安定)が産業革命中に注目され,第二次世界大戦中に飛躍的に消費量が増加した.石綿繊維の直径は毛髪の数千分の一であり,長さにより工業的用途(石綿セメント,パッキング,フィルター,ライニングなど)が異なるが,いずれも肺に吸入される.石綿には職業的に,準職業的(工員の妻ら)に,非職業的(一般市民)に,暴露し,あるいは暴露の可能性がある.石綿による人体影響は多彩であり,石綿肺(アスベスト肺),胸膜肥厚,肺癌,多臓器癌,中皮腫(悪性中皮腫)などの多発が確認されている.現在石綿暴露に関する規制は,世界的に強力に行われている.

南山堂医学大辞典 ページ 83 でのアスベスト単語。