エナメル上皮腫[エナメルジョウヒシュ]🔗🔉

エナメル上皮腫[エナメルジョウヒシュ] 【英】ameloblastoma 【独】Adamantinom 【仏】amloblastome 【ラ】adamantinoma 《同義語》アダマンチノーマ 歯原性腫瘍の一つで,歯胚のエナメル上皮より発生する良性腫瘍である.下顎角部に好発し,上顎ではまれである.好発年齢は20〜30歳代で,男女差はほとんどない.発育は緩慢で,嚢胞状を呈することが多く,嚢胞性エナメル上皮腫cystic ameloblastomaといい,嚢胞形成の明らかでないものを充実性エナメル上皮腫という.X線的には多く顎骨内の多房性の透過像としてみられる.本腫瘍は局所的には浸潤性に増殖するため,顎骨部分切除・離断術を行う.ときに悪性化することがある.

南山堂医学大辞典 ページ 724 でのエナメル上皮腫[エナメルジョウヒシュ]単語。