皮膚石灰〔沈着〕症[ヒフセッカイチンチャクショウ]🔗🔉

皮膚石灰〔沈着〕症[ヒフセッカイチンチャクショウ] 【独】Kalkablagerung der Haut 【ラ】calcinosis cutis 《同義語》石灰症(皮膚の)calcinosis cutis,calcifecation 本症には 1)限局性栄養障害性〔代謝性〕石灰沈着症, 2)汎発性栄養障害性〔代謝性〕石灰沈着症, 3)転移性石灰沈着症がある. 1)限局性栄養障害性石灰沈着症calcinosis dystrophica circumscripta:既存の母斑,上皮腫,外傷などに続発して,皮膚にカルシウム塩の沈着するもので,結節ないし局面を呈する. 2)汎発性栄養障害性石灰沈着症calcinosis dystrophica universalis:全身性強皮性,皮膚筋炎全身性エリテマトーデス,リウマチ性関節炎,痛風などに随伴してみられ,主として,指趾または四肢関節伸側に多数の硬い結節を生じ,のち膿瘍となり,破れて難治性瘻孔を生じ,粥状物質を排出する.自覚症状を欠くが炎症を起こせば疼痛がある.石灰沈着は皮膚,皮下組織に起こるが,しばしば筋肉および腱にもみられる. 3)転移性石灰沈着症metastatic calcinosis:副甲状腺機能亢進症や腎機能障害などで高カルシウム血症または高リン血症をきたした結果,諸臓器組織に石灰沈着を生ずるもので,主に血管の中膜,腎,大関節周囲の軟部組織,心,胃,肺に起こり,皮膚や皮下組織に病変が起こることはきわめてまれである.

南山堂医学大辞典 ページ 6374 での皮膚石灰症[ヒフセッカイチンチャクショウ]単語。