石ケン(鹸)便[セッケンベン]🔗🔉

石ケン(鹸)便[セッケンベン] 【英】soap stool, fat stool 【独】Seifenstuhl 【仏】selle savonneuse 未吸収の脂肪酸がカルシウムやマグネシウムと結合,石ケンとなる.白っぽいまたは灰白色で光沢があり均質でかなり固い塊状.粉石ケンを少量の水で無理ににぎり固めた感じ.脂肪酸は飽和脂肪酸が主で当然石ケン便は牛乳栄養児に多い.それ自体はとくに病的ではないが,硬度から排便困難であり,便秘の原因になりやすい.セリアック病でみられる脂肪便steatorrheaは量が多くグリース様で紙の上に置くと油がにじむ.脂肪便は程度は軽いが新生児肝炎など胆汁排泄障害時にもみられる.→顆粒便白色便

南山堂医学大辞典 ページ 4252 での単語。