顆粒便[カリュウベン]🔗🔉

顆粒便[カリュウベン] 【英】curdy stool 【独】krniger Stuhl 乳児便中にみられる白いツブツブを顆粒という.主成分は乳汁中のカゼインの凝乳の白っぽい塊で表面は黄色や灰色を帯びる.母乳栄養でも人工栄養でもみられるが母乳の方が一般に軟らかく小さく数も少ない.牛乳栄養では粗大なことが多く正常でも大豆大となる.いずれにしても数の少ない時はとくに問題はない.軟便,下痢便時の顆粒は未消化の中性脂肪や脂肪酸とカルシウムの塩(石ケン)である.酸性便が多い.下痢のひどいほど顆粒の量が多く,大小不同が目立つ.→脂肪便石ケン便

南山堂医学大辞典 ページ 1254 での顆粒便[カリュウベン]単語。