複数辞典一括検索+

過敏性腸症候群[カビンセイチョウショウコウグン]🔗🔉

過敏性腸症候群[カビンセイチョウショウコウグン] 【英】irritable bowel syndrome 【独】Reizkolon 《同義語》刺激結腸irritable colon, spastic colon, mucous colitis 腸管とくに大腸の機能的疾患.副交感神経系の持続的緊張亢進状態によって,腸管の運動亢進,分泌亢進が起こり,腹痛,下痢,粘液便,便秘,腹部膨満などを起こす.便通の状態により,便秘型,下痢型,下痢便秘交代型に分けられるが,同一例に種々の型が出現しうる.便秘は腸運動・緊張の亢進による痙攣性の便秘であり,便は兎糞状となり,便遺残感などを伴う.下痢型は,しばしば突発する腹痛とともに起こり,排便により寛解する.粘液便mucous stoolを伴うことが多く,粘液仙痛,神経性下痢nervous diarrheaなどともいわれる.青壮年層にかなり高頻度にみられ,精神的ストレスや環境の変化によって増悪することが多い.食物繊維との関連も指摘されており,低繊維食が内圧の亢進をもたらすといわれる.治療は抗コリン薬を中心とした薬物療法に加え,心身症的アプローチも必要なことがある.

南山堂医学大辞典 ページ 1223 での過敏性腸症候群[カビンセイチョウショウコウグン]単語。