石部金吉(いしべきんきち)《故》🔗🔉

石部金吉(いしべきんきち)《故》 極めて物堅(ものがた)く、きまじめな人。堅い石と金とを人名のように並べた語。「石部金吉金兜(かなかぶと)」とも言い、物堅い石部金吉に金(かね)の兜(かぶと)をかぶせ、一層物堅いことをいう。

医者(いしゃ)の不養生(ふようじょう)《故》🔗🔉

医者(いしゃ)の不養生(ふようじょう)《故》 医者は、人には養生を勧めながら、自分は案外不養生なものである。立派なことを言いながら、実行が伴わないことにいう。 〈類句〉坊主の不信心

衣食(いしょく)足(た)りて栄辱(えいじょく)を知(し)る《故》🔗🔉

衣食(いしょく)足(た)りて栄辱(えいじょく)を知(し)る《故》 −<管子(かんし)・牧民(ぼくみん)> 生活が豊かになって、初めて恥や外聞に気をくばるようになる。「衣食足りて礼節を知る」ともいう。 〈原文〉「倉廩(そうりん)実(み)つれば礼節を知り〔人は、米倉がいっぱいにつまっていれば、礼儀や節度をわきまえ〕、衣食足りて栄辱を知る」

石(いし)を抱(だ)いて淵(ふち)に入(い)る《故》🔗🔉

石(いし)を抱(だ)いて淵(ふち)に入(い)る《故》 石を抱いて深みに飛び込んでは浮き上がれない。助かる可能性をみずから捨てるような無謀な行い、自殺的な行為、という意。

意地(いじ)を通(とお)す《慣》🔗🔉

意地(いじ)を通(とお)す《慣》 自分自身の損得や他からの非難などを無視して、一度こうしようと思ったことを最後までやり抜く。「彼の祖父は終戦と共に自決し、軍人としての意地を通した」

意地(いじ)を張(は)る《慣》🔗🔉

意地(いじ)を張(は)る《慣》 自分の置かれた立場や周囲の状況を顧みず、どこまでも我意を押し通そうとする。「面子(メンツ)にこだわって意地を張る」片意地を張る

以心伝心(いしんでんしん)《故》🔗🔉

以心伝心(いしんでんしん)《故》 無言のうちに気持ちが相手に通じること。もと禅宗の語で、言葉や文字では説明できない、深遠で微妙な真理や法を、師の心から弟子の心に伝える意。

(いすか)の嘴(はし)《故》🔗🔉

(いすか)の嘴(はし)《故》 という鳥の嘴(くちばし)は、上下がぴったり合わずに食い違っている。物事が食い違って思うようにならないことのたとえ。

三省堂慣用句辞典 ページ 2065