複数辞典一括検索+

衣食(いしょく)足(た)りて栄辱(えいじょく)を知(し)る《故》🔗🔉

衣食(いしょく)足(た)りて栄辱(えいじょく)を知(し)る《故》 −<管子(かんし)・牧民(ぼくみん)> 生活が豊かになって、初めて恥や外聞に気をくばるようになる。「衣食足りて礼節を知る」ともいう。 〈原文〉「倉廩(そうりん)実(み)つれば礼節を知り〔人は、米倉がいっぱいにつまっていれば、礼儀や節度をわきまえ〕、衣食足りて栄辱を知る」

三省堂慣用句辞典 ページ 2065 での衣食足りて栄辱を知る《故》単語。