石(いし)に立(た)つ矢(や)《故》🔗🔉

石(いし)に立(た)つ矢(や)《故》 思(おも)う念力(ねんりき)岩をも通す 思(おも)う念力(ねんりき)岩(いわ)をも通(とお)す 昔、中国で、岩を虎(とら)だと思って矢を射たところ、矢羽根のところまで深々と刺さったという話がある。心を込めて行えばできないことはないという意。「石に立つ矢」ともいう。

三省堂慣用句辞典 ページ 2064 での石に立つ矢《故》単語。