複数辞典一括検索+

いしばし【石橋】🔗🔉

いしばし【石橋】 石で造った橋。

いしばし【石橋】🔗🔉

いしばし【石橋】 栃木県南部,下都賀(しもつが)郡の町。日光街道の宿駅で,かんぴょうを生産。

いしばししあん【石橋思案】🔗🔉

いしばししあん【石橋思案】 (1867-1927) 小説家。横浜市生まれ。東大中退。本名,助三郎。尾崎紅葉・山田美妙らと硯友社を興す。今様春水と評され,「仇桜遊里廼夜嵐」「乙女心」「京鹿子」など人情本的な恋愛小説を書いた。

いしばししょうじろう【石橋正二郎】🔗🔉

いしばししょうじろう【石橋正二郎】 (1889-1976) 実業家。福岡県生まれ。地下足袋の発明から事業を起こし,国産タイヤ生産に着手しブリヂストンを育てる。

いしばしたんざん【石橋湛山】🔗🔉

いしばしたんざん【石橋湛山】 (1884-1973) 政治家。東京生まれ。早大哲学科卒。東洋経済新報社社長を経て,第二次大戦後第 1 次吉田内閣蔵相。1956 年(昭和 31)自由民主党総裁となり,内閣を組織したが,病に倒れ 3 か月足らずで辞職。日中・日ソ交流促進に尽力。

いしばしにんげつ【石橋忍月】🔗🔉

いしばしにんげつ【石橋忍月】 (1865-1926) 評論家・小説家。筑後の人。東大卒。明治 20 年代の代表的な批評家。森鴎外との論争で知られる。小説「露子姫」,「石橋忍月評論集」など。

いしばしやまのたたかい【石橋山の戦い】🔗🔉

いしばしやまのたたかい【石橋山の戦い】 1180 年 8 月,小田原市南部の石橋山で行われた源頼朝挙兵後最初の合戦。平家方の大庭景親らの軍に大敗し,頼朝は再挙のため一時安房(あわ)に逃れた。

石橋美術館🔗🔉

石橋美術館 〒839-0862 久留米市野中町1015 Tel.0942-39-1131 >>> http://www.tmc.tmcnet.or.jp/Expo2/ishibashi.html

ハイブリッド新辞林石橋で始まるの検索結果 1-8