複数辞典一括検索+

れんせい【廉正】🔗🔉

れんせい【廉正】 潔白で正直なこと。正廉。

れんせい【錬成・練成】🔗🔉

れんせい【錬成・練成】 心・体・技術などをきたえること。「―道場」

れんせいほけん【連生保険】🔗🔉

れんせいほけん【連生保険】 ニ人以上の被保険者の生死に関して一定の条件を定め,その条件が実現した場合に保険金や給付金が支払われる生命保険。

れんせき【煉石】🔗🔉

れんせき【煉石】 「煉瓦(れんが)」に同じ。

れんせつ【連接】🔗🔉

れんせつ【連接】 つらなっていること。並べつなげること。

れんせつ【廉節】🔗🔉

れんせつ【廉節】 清く正しい節操。

れんせつとし【連接都市】🔗🔉

れんせつとし【連接都市】 ⇒コナーベーション

れんせつぼう【連接棒】🔗🔉

れんせつぼう【連接棒】 エンジンのピストンからの動力をクランク軸に伝える棒。連桿(れんかん)。接合棒。コネクティング-ロッド。

れんせん【連戦】🔗🔉

れんせん【連戦】 続けて戦うこと。「各地に―する」「―連勝」

れんそう【連想・聯想】🔗🔉

れんそう【連想・聯想】 ある観念につれて,それと関連のある他の観念が頭に浮かぶこと。また,その観念。「―ゲーム」

れんそうけんさ【連想検査】🔗🔉

れんそうけんさ【連想検査】 〔心〕刺激語を与えて,それによって心に浮かんだ言葉(反応語)を言わせ,被験者の心理状態を調べようとする検査。

れんそうしんりがく【連想心理学】🔗🔉

れんそうしんりがく【連想心理学】 ⇒連合心理学

れんぞく【連続】🔗🔉

れんぞく【連続】 (1)つぎつぎにつながり続く,また続けること。 (2)〔数〕関数f(x)の定義域内の点 x=a でf(x)の極限値が存在し,かつf(a)と一致するとき,f(x)はx=aで連続であるという。

れんぞくかんすう【連続関数】🔗🔉

れんぞくかんすう【連続関数】 〔数〕いたるところで連続な関数。グラフ上では常につながっていて切れ目のない曲線といえる。

れんぞくスペクトル【連続スペクトル】🔗🔉

れんぞくスペクトル【連続スペクトル】 ある波長範囲にわたってとぎれなく連続的に現れるスペクトル。

れんそん【連村】🔗🔉

れんそん【連村】 家屋が街路に沿って散在し長くのびている村落。列村。

れんだ【連打】🔗🔉

れんだ【連打】 (1)つづけざまに打つこと。 (2)ボクシング・野球などで,つづけざまに有効打・安打を打つこと。

ハイブリッド新辞林 ページ 8692