複数辞典一括検索+

やりっぱなし【遣りっ放し】🔗🔉

やりっぱなし【遣りっ放し】 したままであと始末をしないこと。しっぱなし。

やりて【遣り手】🔗🔉

やりて【遣り手】 (1)する人。「―のない仕事」 (2)物を与える人。 (3)腕の立つ人。「彼はなかなかの―だ」 (4)妓楼で,一切を切り回す女性。やりてばば。

やりど【遣り戸】🔗🔉

やりど【遣り戸】 引き戸。

やりとお・す【遣り通す】🔗🔉

やりとお・す【遣り通す】 (動五) 物事を最後までする。しとおす。

やりと・げる【遣り遂げる】🔗🔉

やりと・げる【遣り遂げる】 (動下一) しとげる。「最後まで―・げる」

やりどころ【遣り所】🔗🔉

やりどころ【遣り所】 遣り場。

やりとり【遣り取り】🔗🔉

やりとり【遣り取り】 (1)物を与えることと受け取ること。「手紙を―する」 (2)言葉の応酬。また,口論。「二人の―をわきで聞く」

やりなお・す【遣り直す】🔗🔉

やりなお・す【遣り直す】 (動五) 初めからもう一度する。「最初から―・す」

やりなげ【槍投げ】🔗🔉

やりなげ【槍投げ】 金属製の槍を投げてその飛距離を競うフィールド競技。

やりぬ・く【遣り抜く】🔗🔉

やりぬ・く【遣り抜く】 (動五) 物事を最後までする。

やりば【遣り場】🔗🔉

やりば【遣り場】 もってゆく場所。やりどころ。「目の―に困る」

やりぶすま【槍衾】🔗🔉

やりぶすま【槍衾】 大勢が槍を突き出してすき間なく並べ構えたさま。

やりみず【遣り水】🔗🔉

やりみず【遣り水】 (1)庭園などに水を導き入れて作った流れ。 (2)植え込み・植木鉢などに水をかけてやること。水やり。灌水。

や・る【遣る】🔗🔉

や・る【遣る】 (動五) (1)行かせる。前に進ませる。また,移動させる。「息子を大学へ―・る」「額に手を―・る」 (2)動作が遠くへ向かってなされる。「目を―・る」 (3)心を晴らす。「憤懣(ふんまん)―・る方ない」 (4)同等またはそれ以下のものに物を与える。「犬にえさを―・る」 (5)遠くにいる人に送る。「手紙を―・って注文する」 (6)動詞「する」に同じ。「野球を―・る」 (7)本来の動詞の代わりにいう。「ロシア語は少し―・った(=勉強シタ)」 (8)(動詞の連用形について)(ア)その動作が遠くへ向かってなされる意を表す。「地平線のかなたを眺め―・った」(イ)その動作をやり終える意を表す。「興奮がいつまでもさめ―・らずにそわそわしていた」 (9)(補助動詞) (ア)ある動作を他に対して行う意を表す。「紹介状を書いて―・る」(イ)話し手が強く言い放つ意を表す。「ほっておいて―・った」

ハイブリッド新辞林 ページ 8206