複数辞典一括検索+

むるい【無類】🔗🔉

むるい【無類】 比べるものがないほどすぐれていること。「―の話好き」

ムルいし【ムル石】🔗🔉

ムルいし【ムル石】 スコットランドのムル島の第三紀火成岩中に見られる鉱物。無色または淡紅色を呈し,ガラス状の光沢がある。窯業製品中にも認められる。

ムルタン【Multan】🔗🔉

ムルタン【Multan】 パキスタン北東部の古都。パンジャブ地方の商業の中心。小麦・綿花・羊毛などの集散が盛ん。

ムルナウ【Friedrich Wilhelm Murnau】🔗🔉

ムルナウ【Friedrich Wilhelm Murnau】 (1888-1931) ドイツの映画監督。マックス=ラインハルトに師事して舞台俳優として活躍したが,映画界に転身。表現主義の影響を受けた「ジキル博士とハイド氏」「ファントム」などを撮った後,サイレント映画の傑作「最後の人」を発表。

ムルマンスク【Murmansk】🔗🔉

ムルマンスク【Murmansk】 ロシア連邦の北西端,バレンツ海に臨む港市。不凍港。漁業・海軍基地。木材・機械工業が盛ん。

ムルロアかんしょう【ムルロア環礁】🔗🔉

ムルロアかんしょう【ムルロア環礁】 〔Mururoa〕 南太平洋,ツアモツ諸島中の環礁。フランス領。1963 年以来,核実験場。

むれ【群れ】🔗🔉

むれ【群れ】 (1)むらがっている状態。「鳥が―をなす」 (2)仲間。「野盗の―」

むれ【牟礼】🔗🔉

むれ【牟礼】 香川県北東部,木田郡の町。高松市の東に接し,五剣山や八栗寺がある。

むれすずめ【群雀】🔗🔉

むれすずめ【群雀】 マメ科の落葉低木。中国原産。江戸時代に渡来。よく分枝し,葉は小葉 4 個からなる羽状複葉で,長枝に互生,短枝に束生。春,葉腋(ようえき)に黄色の細い蝶(ちよう)形花が下垂して咲く。漢名,金雀花。

む・れる【群れる】🔗🔉

む・れる【群れる】 (動下一) むらがる。「水鳥が浜辺に―・れる」

む・れる【蒸れる】🔗🔉

む・れる【蒸れる】 (動下一) (1)熱の通った飯などが,さらに蒸気でやわらかくなる。 (2)空気が通らず,熱気や湿気がこもる。「おむつが―・れる」

むろ【室】🔗🔉

むろ【室】 物の保存・断熱・乾燥・育成などのために地上あるいは半地下に作った部屋。氷室・麹(こうじ)室・植木室など。

ハイブリッド新辞林 ページ 7955