複数辞典一括検索+

うたぶくろ【歌袋】🔗🔉

うたぶくろ【歌袋】 (1)和歌の草稿を入れておく袋。檀紙(だんし)・錦(にしき)・綾(あや)などで作り,水引を通し座敷の柱にかけて飾りにする。 (2)カエルののどにある器官で,鳴くときにふくらませる。鳴嚢(めいのう)。

うたまくら【歌枕】🔗🔉

うたまくら【歌枕】 (1)和歌に詠まれて有名になった各地の名所・旧跡。 (2)和歌を詠むときに必要な歌語・枕詞・名所など。また,それを記した書物。

うたまろ【歌麿】🔗🔉

うたまろ【歌麿】 ⇒喜多川(きたがわ)歌麿

うたもの【歌物・唄物】🔗🔉

うたもの【歌物・唄物】 (1)⇒うたいもの (2)箏曲(そうきよく)・地歌の曲種分類。楽器の演奏よりも歌唱に重点のある曲。

うたものがたり【歌物語】🔗🔉

うたものがたり【歌物語】 平安前期の物語の一種。歌を核として物語を展開したもの。「伊勢物語」「大和物語」など。

ウダヤギリせっくつ【ウダヤギリ石窟】🔗🔉

ウダヤギリせっくつ【ウダヤギリ石窟】 〔Udayagiri〕 インド,オリッサ州にあるジャイナ教の石窟寺院群。紀元前 2 世紀頃につくられた。

うたよみにあたうるしょ【歌よみに与ふる書】🔗🔉

うたよみにあたうるしょ【歌よみに与ふる書】 歌論書。正岡子規著。1898 年(明治 31)「日本」連載。古今和歌集を批判,万葉集・金槐和歌集を賞賛して旧派和歌を攻撃した。

ウタリ🔗🔉

ウタリ 〔アイヌ語〕 親族。同胞。仲間。現在ではアイヌ人自身の民族の呼称としても用いられる。

うだ・る【茹だる】🔗🔉

うだ・る【茹だる】 (動五) (1)ゆだる。「卵が―・る」 (2)暑さのために体がぐったりする。「暑さに―・ってしまう」

うたわ・れる【謳われる】🔗🔉

うたわ・れる【謳われる】 (動下一) (1)盛んに言い立てられる。賞賛される。「絶世の美女と―・れた女優」 (2)はっきりとことばで示されている。「憲法には思想の自由が―・れている」

ウタント【U Thant】🔗🔉

ウタント【U Thant】 ⇒ウー=タン

ハイブリッド新辞林 ページ 760