複数辞典一括検索+

ちゅうせいなんどう【忠清南道】🔗🔉

ちゅうせいなんどう【忠清南道】 韓国の中西部,黄海に面する道。道庁所在地は大田(たいでん)。チュンチョン-ナム-ド。

ちゅうせいびし【中性微子】🔗🔉

ちゅうせいびし【中性微子】 ⇒ニュートリノ

ちゅうせいひりょう【中性肥料】🔗🔉

ちゅうせいひりょう【中性肥料】 肥料が吸収されたのち,土壌に化学的な影響が残らない肥料。硝安・尿素など。

ちゅうせいぶんがく【中世文学】🔗🔉

ちゅうせいぶんがく【中世文学】 鎌倉・室町時代の文学とほぼ同じ。軍記・随筆・御伽草子(おとぎぞうし)・謡曲・狂言・和歌・連歌・漢詩文など,多様な作品が見られる。

ちゅうせいほくどう【忠清北道】🔗🔉

ちゅうせいほくどう【忠清北道】 韓国の中央部,内陸にある道。道庁所在地は清州。チュンチョン-ブク-ト。

ちゅうせき【沖積】🔗🔉

ちゅうせき【沖積】 河川によって運ばれてきた土砂が堆積すること。

ちゅうせき【柱石】🔗🔉

ちゅうせき【柱石】 (1)柱と土台石。 (2)頼りとする大事なもの。「国家の―」 (3)ナトリウム・カルシウム・アルミニウムを含むケイ酸塩鉱物。正方晶系に属し,無色・灰色・紫色・黒色などを呈し,ガラス光沢がある。スカポライト。

ちゅうせきすい【沖積錐】🔗🔉

ちゅうせきすい【沖積錐】 やや傾斜が急な扇状地。

ちゅうせきせい【沖積世】🔗🔉

ちゅうせきせい【沖積世】 ⇒完新世

ちゅうせきそう【沖積層】🔗🔉

ちゅうせきそう【沖積層】 (1)河川による,低地の堆積物。礫(れき)・砂・泥など。河成堆積物。 (2)更新世末以降の堆積物の総称。日本では河川による堆積物のほか,最終氷期の最大海面低下期以後,海進に伴って海や谷を埋め立てた礫・砂・粒土・貝化石などからなる堆積物もいう。

ちゅうせきど【沖積土】🔗🔉

ちゅうせきど【沖積土】 流水に運ばれて堆積した土砂が土壌化したもの。沖積平野の表層を構成する。低地土。

ちゅうせきとう【沖積統】🔗🔉

ちゅうせきとう【沖積統】 ⇒完新統

ちゅうせきへいや【沖積平野】🔗🔉

ちゅうせきへいや【沖積平野】 (1)河川の堆積作用によってできた平野。 (2)日本では,完新世にできた平野の総称。河川による堆積作用のほか,海の堆積作用によってできた海岸平野も含める。

ちゅうせつ【忠節】🔗🔉

ちゅうせつ【忠節】 変わりなく尽くす忠義。「―を尽くす」

ちゅうぜつ【中絶】🔗🔉

ちゅうぜつ【中絶】 (1)途中で絶えること。 (2)人工妊娠中絶。

ハイブリッド新辞林 ページ 5219