複数辞典一括検索+

いしばしやまのたたかい【石橋山の戦い】🔗🔉

いしばしやまのたたかい【石橋山の戦い】 1180 年 8 月,小田原市南部の石橋山で行われた源頼朝挙兵後最初の合戦。平家方の大庭景親らの軍に大敗し,頼朝は再挙のため一時安房(あわ)に逃れた。

いしはら【石原】🔗🔉

いしはら【石原】 小石が多くある平地。いしわら。

いしはらかんじ【石原莞爾】🔗🔉

いしはらかんじ【石原莞爾】 (1889-1949) 陸軍軍人。山形県生まれ。関東軍参謀として満州事変を引き起こし,満州国創設を推進したが,のち,東条英機と対立し,1941 年(昭和 16)予備役。東亜連盟の指導者。

いしはらけん【石原謙】🔗🔉

いしはらけん【石原謙】 (1882-1976) キリスト教史学者。東京生まれ。東大卒。石原純の弟。東北大教授・東京女子大学学長。著「キリスト教の源流」など。

いしはらしのぶ【石原忍】🔗🔉

いしはらしのぶ【石原忍】 (1879-1963) 医学者。東京生まれ。東大医学部の眼科学教授。石原式視力表・石原式色盲検査表・視野測定器などを開発。

いしはらじゅん【石原純】🔗🔉

いしはらじゅん【石原純】 (1881-1947) 物理学者・歌人。名は「あつし」とも。東京生まれ。東大卒。理論物理学の研究・啓蒙(けいもう)のかたわら,非定型,口語使用の「新短歌」を提唱,歌人としても活躍した。歌集「靉日(あいじつ)」など。

いしはらまさあきら【石原正明】🔗🔉

いしはらまさあきら【石原正明】 (1760?-1821) 江戸中・後期の国学者・歌人。尾張の人。号,蓬堂。初め宣長に師事,のち塙保己一(はなわほきのいち)に従い「群書類従」の編纂(へんさん)に携わる。歌は,新古今集を宗とした。著「制度通考」「年年随筆」「尾張廼家苞(おわりのいえづと)」など。

いしひょうじ【意思表示】🔗🔉

いしひょうじ【意思表示】 (1)考えを表し示すこと。 (2)〔法〕一定の法律上の効果の発生を望み,その意思を外部に表示する行為。

ハイブリッド新辞林 ページ 461