複数辞典一括検索+

せきた・てる【急き立てる】🔗🔉

せきた・てる【急き立てる】 (動下一) 物事を早くするようにと催促する。

せきたん【石炭】🔗🔉

せきたん【石炭】 地質時代に堆積した植物の遺体が,その後の地圧や地熱によって炭化してできた可燃性の岩石。褐炭・亜瀝青炭(あれきせいたん)・瀝青炭・無煙炭などに分類される。

せきたんえきか【石炭液化】🔗🔉

せきたんえきか【石炭液化】 微粉状石炭を 200 気圧以上の水素とともに 500℃前後に熱して,石炭の分解と水素添加を行い人造石油を得る方法。石炭の水素化分解。

せきたんかがく【石炭化学】🔗🔉

せきたんかがく【石炭化学】 石炭を原料としてさまざまな化合物を製造する化学技術の体系。

せきたんガス【石炭ガス】🔗🔉

せきたんガス【石炭ガス】 石炭を高温乾留して得るガス。水素・メタンが主成分で,若干の一酸化炭素を含む。燃料用。

せきたんがら【石炭殻】🔗🔉

せきたんがら【石炭殻】 石炭の燃えがら。

せきたんかんりゅう【石炭乾留】🔗🔉

せきたんかんりゅう【石炭乾留】 石炭を乾留して,石炭ガス・アンモニア・コールタール・コークスなどを得ること。

せきたんき【石炭紀】🔗🔉

せきたんき【石炭紀】 古生代の中で 5 番目に古い紀。今から約 3 億 6700 万年から約 2 億 8900 万年前までの時代。イギリスで石炭層を多く含むことからこの名がある。紡錘虫類・珊瑚類・腕足類・裸子植物などの化石が多く,この時代の示準化石となっている。

せきたんけい【石炭系】🔗🔉

せきたんけい【石炭系】 石炭紀の間にできた地層や岩体。

せきたんさん【石炭酸】🔗🔉

せきたんさん【石炭酸】 ⇒フェノール

せきたんぶくろ【石炭袋】🔗🔉

せきたんぶくろ【石炭袋】 南十字座にある暗黒星雲。高密度の星間塵が後方の星々の光を吸収しているため暗い。コール-サック。

せきち【尺地】🔗🔉

せきち【尺地】 わずかの土地。尺土・寸土・しゃくち。

せきちく【石竹】🔗🔉

せきちく【石竹】 ナデシコ科の多年草。観賞用に栽培。高さ 30cm 内外。全体に白緑色を帯びる。初夏,枝頂に紅色・白色などの五弁花をつける。唐撫子(からなでしこ)。

ハイブリッド新辞林 ページ 4502