複数辞典一括検索+

せきせつ【赤雪】🔗🔉

せきせつ【赤雪】 赤色を呈する雪。赤色藻類の繁殖によるもので,主に高山や極地の恒雪帯で見られる。

せきせつ【積雪】🔗🔉

せきせつ【積雪】 降り積もった雪。気象観測では,観測所の周囲の地面の半分以上が雪でおおわれた状態。

せきせつりょう【積雪量】🔗🔉

せきせつりょう【積雪量】 地上に降った雪の深さ。

せきぜん【積善】🔗🔉

せきぜん【積善】 〔「しゃくぜん」とも〕 善行を多くつみ重ねること。⇔積悪

━の家には必ず余慶(よけい)あり🔗🔉

━の家には必ず余慶(よけい)あり 〔易経〕 善行をつみ重ねた家には,子孫にまでよろこびごとが起こる。

せきぜん【寂然】🔗🔉

せきぜん【寂然】 (ト/タル) さびしくひっそりとしているさま。じゃくねん。

せきそう【石槍】🔗🔉

せきそう【石槍】 尖頭器(せんとうき)のうち,縄文時代以後の石製のものを特に区別していう語。

せきそう【積送】🔗🔉

せきそう【積送】 貨物を貨車などで積んで送ること。「地方へ―する品」

せきぞう【石造】🔗🔉

せきぞう【石造】 石材で建築または製作すること。いしづくり。「―の神殿」

せきぞう【石像】🔗🔉

せきぞう【石像】 石材を刻んでつくった像。

せきそうかんでんち【積層乾電池】🔗🔉

せきそうかんでんち【積層乾電池】 扁平なマンガン乾電池のユニットを幾層も重ねて,高い電圧を得られるようにしたもの。

せきそうざい【積層材】🔗🔉

せきそうざい【積層材】 薄板を数枚重ね合わせ,加熱・圧縮して接着した強化木材。木材の不均一性がなくなり,伸縮・変形が少ない。

せきそうばん【積層板】🔗🔉

せきそうばん【積層板】 ⇒積層材

せきぞく【石鏃】🔗🔉

せきぞく【石鏃】 矢じりとして用いられた石器。日本では縄文・弥生時代に見られる。矢の根石。

せきたい【石帯】🔗🔉

せきたい【石帯】 礼服束帯の時,袍(ほう)の腰にしめる帯。牛革製で,背に石や玉がとめられている。いしのおび。

せきだい【席代】🔗🔉

せきだい【席代】 場所・会場などを借りた料金。席料。

せきだい【席題】🔗🔉

せきだい【席題】 歌会・句会などで,その場で出す題。即題。当座。⇔兼題

せきたかかず【関孝和】🔗🔉

せきたかかず【関孝和】 (1642 頃-1708) 江戸前期の数学者。生地は上野国とも江戸ともいう。和算関流の開祖。点竄術(筆算式代数学)を確立し,方程式の解法,行列式・正多角形・円周率など多方面に業績を残す。著「発微算法」

ハイブリッド新辞林 ページ 4501