複数辞典一括検索+

イザヤしょ【イザヤ書】🔗🔉

イザヤしょ【イザヤ書】 旧約聖書の預言書の一。1〜39 章がイザヤの手になり,40 章以下は無名の預言者による。40〜55 章の著者は第二イザヤ,56〜66 章の著者は第三イザヤと呼ばれる。

いざよい【十六夜】🔗🔉

いざよい【十六夜】 陰暦(8 月)16 日の月。また,陰暦 16 日の夜。

いざよいにっき【十六夜日記】🔗🔉

いざよいにっき【十六夜日記】 紀行。1 巻。阿仏尼(あぶつに)作。夫藤原為家の死後に生じた領地相続の訴訟のために,1277 年鎌倉に下った際の道中と,鎌倉滞在中の記録。

いざよいばら【十六夜薔薇】🔗🔉

いざよいばら【十六夜薔薇】 バラ科の落葉低木。中国原産。観賞用として栽培。初夏,紅紫色の八重の花をつける。

いざよ・う🔗🔉

いざよ・う (動五) 進もうとして進まない。たゆたう。「―・う波」

いざり【躄】🔗🔉

いざり【躄】 (1)膝や尻をついて移動すること。 (2)足が立たない人。

いさりび【漁り火】🔗🔉

いさりび【漁り火】 夜,魚を誘い寄せるため舟の上で焚(た)く火。

いざ・る【躄る】🔗🔉

いざ・る【躄る】 (動五) (1)座ったまま移動する。「―・り寄る」 (2)物がずれて動く。「花瓶が横へ―・る」

いさわ【石和】🔗🔉

いさわ【石和】 山梨県中央部,笛吹川両岸にまたがる町。近世の宿場町。戦後,温泉が湧出(ゆうしゆつ)。

いさわ【胆沢】🔗🔉

いさわ【胆沢】 岩手県南西部,胆沢郡の町。胆沢川の扇状地は散村集落で,水田の広がる穀倉地帯。

いざわしゅうじ【伊沢修二】🔗🔉

いざわしゅうじ【伊沢修二】 (1851-1917) 教育家。信濃の人。文部省官吏として,教育学理論の紹介・教科書編纂(へんさん)などに従事。特に音楽教育に尽力し,学校唱歌を創始。晩年には吃音(きつおん)矯正を目的とした楽石社を設立した。著「教育学」「視話法」など。

いさわじょう【胆沢城】🔗🔉

いさわじょう【胆沢城】 岩手県水沢市にあった古代の城柵(じようさく)。802 年坂上田村麻呂が築く。のち,鎮守府が多賀城からここに移され,蝦夷(えぞ)対策の拠点となる。柱脚遺構などが発掘されている。

ハイブリッド新辞林 ページ 447